2015年5月26日火曜日

なんで割り勘が嫌いか考えてみた

タイトル通り。

デートでの割り勘: wari-kan 

に自分でも意外なほど強い抵抗を感じる自分のココロの底を紙に書いてさぐってみた。



掘れば掘るだけ、いろいろ出てきたよ。

恥ずかしいけど、シェアするね。



割と上層の理由は、


自分は、男の人がプレゼントしたくなる女と思いたいから。
自分には魅力があって、相手は与えることで幸福を感じていると思いたいし、それを見たい。

それを見せてくれないと傷つく。

why?

私にはそれだけの魅力がないのかと思うから。

小さい男は嫌い。得したい(損したくない)というセコイ感じが嫌い。


損したと思われるなんて、耐えられない。⇒故に自分から立ち去ろうとする。


私には価値があるのに、それを認めないなんて信じられない。





という感じでした。




でも待って。
本当に「自分には価値がある」って信じてる?

隠してることや、自分に嘘をついてるところはない?


私は自信がないと認める。


何があっても私には価値がある。だけど、自分の道を迷わず進んでいるということができない。

迷っている。
これでいいのだろうか?と思っている。



人が、いいんだよと言っても、自分はそうは思えない。

人が、それではダメだと言っても、おまえに何が分かる?と思う。


結局は、自分にしか道はわからない。

自分にしか、どうすればいいのかを決めることはできない。




なんで、割り勘からこんなとこにとんだんだ???と自分でも不思議なまま、

さらに不思議なとび方をして。 詩みたいになった。





思うがままに与えよ

自分になって、与えるのだ

周りの雑音など聞くな

後先を考えず かけひきなどせず 与えなさい




私の場合の引っ掛かりポイントは、
自分が出し惜しみしてるんじゃないの?ってことだったみたいだ。


相手の男性にってことだけじゃなくて、お金をってことだけじゃなくて、

自分のしたいこととか能力とかを出し惜しみして、
ちゃんと使うことができてないんじゃないのってことみたいだ。


周りの雑音を聞いてるってことみたいだ。

後先を考えてかけひきをして、
メリットデメリットを計算して、与えてはいないってことみたいだ。



でも正直、まだよくわかっていません。どういう意味なのか。



自分が出し惜しみしないで与えられるようになったら、
割り勘も抵抗なくなるのかな?


まだ分かりません。

今想像する限りは、やっぱりテンション上がりはしないんですけど。



まあ、とりあえず、せっかくなのでシェアさせてもらいました。

この記事は消しちゃうかもしれないですが、悪しからず。



じゃあね、おやすみなさい(*´ω`)





にほんブログ村 ファッションブログ パーソナルカラーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ホリスティックライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村


応援クリックありがとう!うれしいです(*'ω'*)





2015年5月24日日曜日

『美しき緑の星』 オススメ。みんな観てみて♡


映画館などではなかなか観ることができないだろう映画。

ネットのリンクから口コミで広がってるみたいです。


美しき緑の星





フランス映画、全編コメディータッチ。
みんな可愛いよー


一時間半くらいだけど、すっごくあっさり創られていて「もう終わっちゃうのか~」って感じ。


わかりにくいところもないし、とても綺麗な映画です。

綺麗っていうのは…、
いらいらしたり、落ち込まされたりしない、作為のいやらしさを感じない映画。

とても素直に、心がいい状態にチューニングされるような映画。



褒めすぎか?笑



もっとディープに突っ込んだ内容も観てみたいけど、これぐらいがいい頃合いなのかもしれないね。


とにかく、私は好みでしたので、
この場を借りておすすめさせていただきました(*'ω'*)


あと、リンク切れが多発するのも特徴的らしいので、
上に貼ったリンクが切れてたら、改めてググって探してみてください。


それでは~~~☆♪






にほんブログ村 ファッションブログ パーソナルカラーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ホリスティックライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村


応援クリックありがとう!うれしいです(*'ω'*)





2015年5月19日火曜日

異次元の美人へのステップ(まだ第一段階)

ネットとかだと、
芸能人の昔の画像とか引っ張ってきて、


整形、とか安易に言っちゃう向きがあるけれど、


鋭い刃物をだいじな身体に入れなくたって、「べつじん?」くらい綺麗になったりすると
おもうんだけど(´・ω・`)


厚いメイクで、めいっぱい隠したりしなくてもさ、

すぐ簡単に可愛くなるとおもうんです。(もちろん、自分比だけどさ~)



っていうのもさ、

わたし十年前より、今の自分の見た目のほうが、ずっとずっと好きなんです。



10年前って、18なんだけど笑
(トシ、ばれたー)


前も書いたけど、大学生の頃のわたしは、すっごくコンプレックスがあって、
じぶんの身体がぜんぜん気に入らなかったのね。


似合う服装っていうのもわかんなくて、
おしゃれな人とかそういうのが必要な場とかもニガテで。っていうかコワかった。笑

but,フェロモン的なものは、たぶん人よりは生まれつきあるようで、
身体のラインを隠し地味な色を着れば着るほど、
変な人に遭遇する機会も増え…



女であることがいや!!!!

ってとこまでいってた(-_-メ)



「赤とかピンクも着ればいいのに」
で書いたように、

ショック療法でいっこずつ気づいたり(´_ゝ`)
コンプレックスと向き合ったりして、

自分に対しての感情がすこしずついいものになってきたような気がします。



何をきっかけにかはわからないけど、
発想の転換点みたいな瞬間ってあるよね。

今のモットーや、変化の起点になった発想をシェアさせてください(*'ω'*)





①生まれ変わったら、超小顔で手足の長い超美人になる。中東+ロシアのエキゾチックな魅力あふれる人希望。
だけど今は、この身体でどこまで自分の気に入る人生にできるか。

料理でも、
ありあわせの材料で美味しく創れる人が達人じゃん。同じじゃん。あれがないこれがない言わないで、代用しろ!って。




②(ちょっとスピリチュアルな考え方だけど、)
  「肉体はあなたではない」

 身体は大事だけど、そこばっか見んなや!って意味かなとおもいました。笑
自分の身体の細かいところ見て、ここが肉ついてる、小さすぎ大きすぎとか、

この身体が自分のプラン通りのものだったとしたら、
不平不満言ってるのは時間の無駄だなと思うようになった。

今着てるのはボディースーツで、思い通りに脱ぐこともできんしだんだん古くなるんだけど、
まあ今だけだから、次また別のボディスーツ着ることになるんなら、そんなこだわらんでもいいか

そんな風に思うことで、コンプレックスがだいぶ緩和されました 笑




③18、19の頃に年上の女性に言われたのが、

「しょーもない男と付き合うと、マイナスの気が移るよ」

ruちゃんブスになってるから早く別れな!って意味だったかもしれません。(;'∀')

でもだらだら付き合ったり別れたりを繰り返し、数年。
別れたら、一気に5キロくらい落ちました。

しかも肌ツヤよくなり、
人からは「明るくなったね」と言われ。Σ(・ω・ノ)ノ!

わたし今でも、毎度彼氏と別れるときは、スルスルスルーっと痩せちゃいます。

切なさを味わう一方で、
肉体の「やったねヒャッホーーイ」という身もふたもない喜びを感じるのです。
(どんだけダメ恋してたんだ…)


でも、だから、もういやなことはしないんだ。
いやな気持ちを押し殺しながら生きてると、ブスになるから。女のひとはみんなそうだとおもう。

だから、変な男と付き合ってる女のひとは今すぐ別れて!!!笑



人は自分が思うほど他人を気にしていない
 
この言葉がしっくりくるようになったのは最近。
「もう、どう思われてもいいや」って、一回断ち切った瞬間があったような気がする。

「もう、一歩ずつでも自分の人生の真ん中に行く」って。


そしたらさ、
もう自分の好きな服着たいし、完璧じゃない自分のカラダも慈しんであげたい!

自分をイチバン大事にしてあげたいって思うようになった。

わたしが責任を取らなきゃいけないいちばんは、自分。



ってことでね、
例にもれず今日の日記もきっとわかりにくいと思うんですが、

吹っ切ること がだいじなのではといいたかったのでした。


きもちが吹っ切れると、なぜか物理的にも要らんものが削げていくような気がします、
これはわたしの経験則からですが。


で、吹っ切れたから、今じぶんのからだが好きだって言える。
服選んだりおしゃれすることにも、積極的・主体的になれる。

それはすっごくうれしいこと。


もちろん、ダイエットとか筋トレとかしないとなーと思うけど、
前提として、じぶんのカラダを気に入ってる、ってすごく重要だとおもうのです。


そしたら、見た目もちょっとずつ自分の好みに代わっていくような気がするよ。


ここで冒頭の芸能人の人たちのハナシに戻って。
彼女たちも、どっかで何かを吹っ切ったんだと思います。

「わたしはこれでいく」って。





あこがれているのは、バイオリニストの川井郁子さん。
美しい、官能がやばい。女神。
動画もぜひ見てほしい。

エロスって何、

彼女は明らかに、別の世界を見ていると思う。
それが周りに強烈に伝わるから、こんなにも吸引力をもつんだと思う。

もはや見た目じゃない。





はい、

長かったけど今日はおもってること書いたような気がします。

読んでくれてありがとう♡

おやすみ、ruでした(*´▽`*)

2015年5月12日火曜日

ジャイアンに好きなようにされてたまるか


安保法制の関連法案 与党協議で合意


きのう、車の中でニュースで聞いた。

今朝の新聞見開きで、通った法案の全文を見た。



まだちゃんと読んでないけど、さらーっと見た感じ、

戦争したいんだねえ。

しかも、国会内での審議なしに与党(政府)だけでイクサする・しないを
自由に決められるようになりたいんだなあ(´・ω・`)

と思わされる、文面でした。


ジャイアン☆じゃん。


もう、読みながら胸とオナカが痛くなっちゃったよ。


怖がったり怒っててもしょうがないから、
具体的な希望の未来像を描いてそっちに向かうしかないけどね。






わたしはお仕事で、お年寄りのお話を聞く機会が多いんですけど、

最近は、戦争時期に15歳ぐらいで、
軍に志願していった男の人のハナシをよく聞いてる気がする。


予科練にあこがれていて、
イチバンなりたかったのは特攻隊だったって。

理由は、勇敢で恰好いいから。

制服も恰好いいから。

理由は、ほんとうに子供のものって感じがするんだけどねえ。



軍に志願していった以上、

「自分の命は一銭五厘よりも軽い」
「三銭の切手を受け取ったんだから、自分の命は軍のもの」

そんな話を聞いて、
もうほんとうに耐えらんないと思いました。


だって、心底そう思ってたんだろうから。
家族であれ、恋人であれ、止められないじゃない。

結果、その人の爪と髪の毛だけが帰還したとしても、どうしようもない。



男の人の、
勝ちたい・人より強くありたい・上にいきたい・プライドを守りたい…

というシンプルな性質は、

平時ではかわいらしく、時々は可笑しさすら感じられるものだけど、
イクサになったらどうにでも利用されてしまうな、と感じた。

それが、大切な誰かや故郷を守るためであっても。




わたしはわたしの普通の日常を誰かに壊されたくない。

守らないといけない。

わたしたちは、平和のうちに生きなくてはいけない。心の中も。
結局はソコからスタート。






にほんブログ村 ファッションブログ パーソナルカラーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ホリスティックライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村


応援クリックありがとう!うれしいです(*'ω'*)