2015年11月28日土曜日

福岡の方、いいリサイクルショップ知りませんか?

 
photo  by CollegeDegrees360

まさかこれ全部自分がつけたビューじゃないよね?!

ね~え、みんな?

わたし以外の人がこのブログ見てる形跡には気づいてるんだからね?



…ねぇ。

ブログって、
ひとりで書いてるだけだとちょっと淋しいんだけど(´◉◞౪◟◉)



読んだ人、誰でもいつでもなんでもいいから、
リアクションくれ~~~~!!!!!!!!!


ちなみに今日は、
夜スタバに成功しました。

もはやスタバりたくないのに、毎日敗戦を喫しているとリベンジしたくなりますね。

さすがスタバ、
消費者心理をよくわかっていますね。(-.-)やさぐれ




あ。


福岡近郊にお住まいの方いらっしゃいましたら、

古着屋さん教えてください。

古着屋って言っても、
ヨーロッパやアメリカのビンテージやデッドストックを扱っているような店ではなく、
定価一万~3万くらいの普通の服を売っている、

リサイクルショップね!!!!


わたし古着に抵抗はないので、
できたらお金かけないで洋服買いたいです。


沖縄だとそういう店がないので、peachで飛んで買い物するか、と思ってます。




ruやばい人に見えるかもしれないですけど、
めっちゃふつうの29さい女性ですので、


よかったら、


いい情報あったら、


iubfree@gmail.comまでお知らせください…(*´Д`)


ワタシ ダイジョブナヒト コワクナイヨ。





はい、今日はこんだけ。

まだスタバります。


ちなみに沖縄のスタバは最近まで~25時、~26時営業だったのですが、
今はどこも~24時になった様子。

県外の皆さんには信じられないかもしれませんが、

まだ周知されていないので、
客の「え、12時で閉まるの?!早くない??」って反応が見られます。



それでは。ぐない。



せめてクリックぐらいしてこーよ。ねぇ?
thanks a lot, ××× 



頭ポンポン、すき?きらい? ruはMだと思ってたけど、俺様でした。

photo by Gilmanshin

わたしを誰だとおもってるの?お花はもってきた?

ruはそんなにたくさんのお付き合い経験はないんですけど、
(男性とね!女性とはZEROです)


付き合いはじめのときとかに、友人に相手の話をすると、

「毎回、どっからそんなの見つけてくるの」

みたいな反応を頂いておりました。悪い意味ばっかじゃないと思います。
(しかしガラクタ市じゃないんだからよ…)


「極端から極端に振れるね」

みたいなこともよく言われましたが、本人はそんなこと考えてません。



ただ、

ruは男性と親密なお付き合いするのは、
自分の地図を広げること だと思っていて、

全然違う地域とか深度(空とか地底とか海中とか)を知りたい、って感じはあったかもしれません。


ru結構相手と境界がなくなってしまうほどに、
一体化するタイプなので、
感情とか価値観とか、混ざり合って誰のものかわかんなくなるのね。


だから恋愛するときって、
その人の着ぐるみをまるごとかぶって、
その人の脳みそ移植させてもらいます!的な感覚がちょっとあるんですね。


そんで別れてから、
あああれはあの人の好みだったのか…とか分かるんだけど、

付き合ってるときはその人のカルチャーに浸りきってて、
その人メガネですべてを見るの。


染まる、っていうのとはちょっと違うと思うんだけどね、

その人の出身地とか仕事とか経験とか趣味とか音楽の好みとか、
一回ぜんぶ自分に通すので、別れたあとも経験として広がりが出るってかんじ。




で。こっからが本題。


今まで付き合ってきた人の共通点を考えてみたら、

顔や性格や年齢やバックグラウンドもぜんぶ違うんだけど、
みんなruに対して偉そうだったな~って、さっき思った。


偉そうっていうか、お兄ちゃんぶりたいっていうか。Sっていうか。


割れ蓋に綴じ蓋ってことばがあるように、
そっから過去のruの立ち位置も分かってくるってもんですが、


さっき思ったのよ。


今は無理だな、って。



一番最近好きになった、イロコイネタでも書いている、今でも気になっている(未練がましいね)彼は、
ぜんぜん偉そうじゃなくて、
すごい丁寧に扱ってくれるところにきゅんときた。

それだけでも、昔のruと比べたらぜんぜんちがうよ!


だけどね、

そんな彼に、


頭ポンポンされたことがあったのね。


したらね、


ruったらね、





やめろや(-_-メ) って思っちゃったのーーー きゃーruびっくり!!



イラッときてしまってね。

これはどうしたことなんだろう。



だってさ、過去どっちかと言ったらMの立ち位置で恋愛してきたんですよ。

いや、SもMも表裏一体っていうのは分かったうえで、
それでもやりやすいポジションってあるじゃないですか?


なのになのになのに。



衝撃の事実。




俺様なのはあたしか!!!!




そんなことありえるのかい…


とはいえ別にSっぽくなったわけじゃないよ。

きわめてニュートラルに近づいたんだと思うんだけど。


そういや記憶を遡れば、
小学校低学年までは近所の同級生の男の子たちと登下校。


泣き虫で甘ったれでわがままなruに対して、みーんな優しくしてくれてたし、

優しくされるのが当然!!!と思い切っていたよ。



高校くらいから、

クールでミステリアスでちょっと冷たいくらいが素敵♥(*´▽`*)
とか思ってかなり迷走したけれど、

あれ、中二病 ってやつだったんだな。



良かった、元いた王道に戻ってこれて。




でも、頭ポンポンされて「オイ、やめろや」とは言えん。

「頭ポンポンされるの~あんまり好きじゃないなぁ~♥、やめてくれる♥?」とか言えばいいのか?

それ可愛いか?

男「あ…、ごめん」とかなるよね!?

やばい新しい悩みができそうです。助けて下さい。(まだ時間はあります)




ruの好みは優しいケモノ♥ ←
幸せを祈りながらクリックおねがいします
thanks a lot, ××× 



「褒められたい」優秀な友人とぼんくらru。得意/不得意補い合えばいいんだ


こんばんは。

またしても、今夜もスタバに振られました。full。

相性が悪いのかな(-.-)一周回って嫌いになってやりたいです。


photo by Sjoerd Lammers street photography

みんなで遊ぼーぜ。


今日は、人ってみんなそれぞれなんだなーって感じたときの話を書きます。




大学四年の冬、大手メーカーの営業職に内定もらった友達と話していて、

「絶対総合職しか考えてなかった」って彼女が言うのでその理由を聞いたら、

「バリバリ働きたい」って言うんです。


明るくて賢くててきぱきしてて、サークルでもゼミでもすぐにまとめ役になり、
先生の信頼も厚く…みたいな感じの子なので、

それ聞いてruは、バリバリ働けそ~かっこいい~くらいに思ったんですけど、


さらに突っ込んで聞いたら、

「目標があって、結果が分かりやすく数値で現れる場所で結果出して、
褒められたい」って言うんです。


? 


え、だれに?????????



ru的には意味が分からなかったので、はい???ってなっちゃったんですけど、

彼女は、上の人に褒められたいと言うんです。


思い返せば、ruの卒論テーマが、

ゼミで学んできたこととは関連はあるんだがある意味全否定するような内容だった
+教授が好まなさそうな視点

であったことを受けて、

「ruは自由でいいよね…、先生にも気に入られてるし…」とか言うので、

「卒論長いんだから、好きなこと言って書けばいいじゃん!!」と言うと、

「無理だよ!結局先生にも好かれたいし…」って結構シリアスに返されたこともあった。


え。あれ本気だったの?


本気でびっくりした。

あなた、よくそんなにおりこうさんで…!




ruは人に褒められたい、という動機ではまず頑張れないんです。

否定されたくないから、言わない・やらないってヘボい部分はありますが、
「すごいね~よく頑張ったね~」とか言われても全然うれしくない。(←褒めるってこんな感じだよね?)

上からナニサマだよ?って思うくらいです。

「あなたはすごい!才能にあふれている!神だ!」
くらいに言われたら、ええ~そんなぁ~(照)とかなるかもしれんけど、それ褒められてるんじゃなくて称賛されてるからな。種類違うよね。


photo by www.audio-luci-store.it

「ねぇ、5たす4はほんとに9だと思う?」とか言ってめんどくさがられる人間です、ruは。


ruが一番うれしくて興奮するのは、

自分の頭に浮かんだ(妄想じみた)イメージが、現実になった姿を見たとき。

しかもそれに関わってくれた人が、それぞれの場所で能力を発揮していい笑顔になってくれてたりしたら、もう泣きそう(*´Д`)

生きててよかった!ってなるね。


大学四年でゼミの子たちと大学祭に出店したとき、そう思った。

実際にやったことは大したことじゃなかったけど、
ruにとっては初めてのチャレンジが満載だったし、

協力してくれた子たちが最後には「どうなるかと思ったけど、やってよかったねー」って口々に言ってくれて、
ruはやっぱり泣きそうだった。



だから、その友人に「そういうのどう?うれしくない?」って聞いたら、
イメージが湧いてくるイメージがないんだって。

自分がトップになって何かをしたいとかもあんまないんだって。

だから、組織の中で具体的な目標を出してもらえるほうが頑張れるのだ、と言っていました。



学祭のときも、言い出しっぺのruの代わりにリーダーとして動いてくれたのは彼女だったし、
めっちゃすごいなーと思っていたんだけれど、

人には得手/不得手があるのだな~って実感した出来事でした。


 
でも褒められたい、なんて。

そこにちょっと自己評価の低さも見え隠れ。


おまえは優秀な人間なんだぞ、どうしたーーーーどこで何か刷り込まれたのかーー!
という熱い気持ちになったru。

優秀な彼女に向かって、
じゃああたしが経営者になったら、雇って毎日褒めてあげる」と。


…いや、皆さんの言いたいことは分かりますよ。

なにをもっておまえがそんな。 デショ? うるせーよ

まともな社会人ロードを華麗にスリップアウトしてますが何か?



いやでもそのときにほんとに強く思ったのよねー、

彼女のような優秀な子たちがいっぱい頑張ってくれてるんなら、
ruみたいなぼんくらが一番上にいても、会社ってうまく回るんじゃね?


ぼんくらの仕事は、

自分のビジョンを伝えて、優秀な子たちが頑張ってるところをちゃんと見て、いつもありがとうって言うだけでいいんじゃね?

めっちゃ楽で無敵じゃね?って。笑



わかんないけどさ!

大学祭の最終日の片づけを終えて、ゼミ棟に戻っていくときのみんなの表情や言葉は、
今でもしみじみと身体に残っていて、
ruにとってはこの先も支えや指針となってくれるんだろうと思います。


読んでくれてありがとうございます。

ruもそろそろ寝る態勢に入ります。おやすみー。



ぼんくらruは、ぼんくらな自分がスキ!応援してねー!
thanks a lot, ××× 



2015年11月23日月曜日

気兼ねなく開けられる冷蔵庫が、一生のうちにいくつあるんだろう

photo by Davide D'Amico

みんな一人で歩いてく。

夜スタバなう。


さっき、おばあちゃんちに野菜をもらいに行きました。

冬瓜。
沖縄ではシブイと言います。

シブイは夏の野菜ですが冬まで持つので冬瓜と呼ばれているのですが、
なにしろサイズがでかく、カットすると日持ちしないので、
身内や近所の人に分けてあげるのが基本。

なので、
「シブイ切ったけど、あんた持ってく?家にあるね?」という会話はよくなされる。

今回は、昨日おばあちゃんから電話があり、先ほど取りに行きました。


おばあちゃんとおじいちゃんがBSの番組を見てるところに行って、
たわいのない会話をする。


それだけで泣きたくなる時があります。


わたしは4人の祖父母がまだ健在なので、逆に怖れにとらわれてしまう瞬間があるのです。
救急車のサイレンを聴いたときとかね。
長期で地元を離れるときとか。


幸せなことだと思うけどね。


とか書いてると、スタバなのに涙がぽろり。
書けないよ~( ;∀;)


トイレに行って顔カクニンしました。案外ふつうでほっとした。笑




気兼ねなく開けられる冷蔵庫が、一生のうちにいくつあるんだろう。


無条件で受け入れられていると感じていられる空間、
感じさせてくれている人たち、
そう思わせてくれた時間の積み重ね。


それがあるから不安。
失うのが怖いって思っちゃう。


まだ起こってないことなのにね。


そういう自分をあほだなーと思うし、幸せだなあとも思う。


めっちゃ人間してるなぁ。




昔から、結婚に対する憧れはほとんど皆無に近いほうですが、
できることなら弟たちや年下のいとこたちに、早く結婚してひ孫を抱かせてやってほしいと願う。

そんな身勝手なわたしゴコロ。


(願うだけでなく)そう言うと、皆の衆には「年功序列」といじめられますが。

まぁこればかりはご縁だからね!と、言い逃れてきましたが。


結婚して、オジーオバーに子供を抱かせてあげるのもいいなぁ…と最近は思います。
それに、いざという時に頼れる人がほしい。


ということで、彼氏募集中!!!!(広告か)


来年の誕生日は、彼氏に祝ってもらいます。
結婚しててもいいかも(*‘ω‘ *) ← 早い


できたら報告しますね!



人間いつこの世を去るか分からないけど、
わたしはお年寄りとかかわる仕事を始めてから、それをよく感じるようになりました。

いつ会えなくなるか分からないから、
他人だけど頻繁にハグするようになったし、
弱気になってる人には、(相手はすっごい人生の先輩だけど)生意気な口もきかせてもらってます。


いつか自分が無条件で若い人を応援することができるように、
今は全部もらって愛されたいと思います。



クリックも受け取りまっせ(*‘ω‘ *)
thanks a lot, ××× 





呑んべぇの舌に合う!しかも簡単つまみ!「ゆるつま」はいいレシピ本だ(*´Д`)

photo by Roland C. Vogt

わたしたち、どこまでも豊かさを味わえるよね。


3連休ダラーっと過ごしてます、ruです。

こんばんは(´・ω・`)


今日は結構いっぱい家事をして、キッチンに立ってる時間が長かった。

きのう図書館で借りてきた「ゆるつま」by 高谷亜由サン の影響が大きいかも。


ゆるつま: 今夜はうちで、ゆるゆる晩酌


ほんとに、レシピとは言えないくらい簡単なものも多く載っているんですが、
わたしは基本呑んべぇ舌で、そういうのが好きなのでテンション上がります(*‘ω‘ *)


わたし、今はあんま飲まないですけど、
学生のときはバイト代の殆どを飲み代に費やしていましたし、
そのつまみも、大根おろしに醤油かけたのとか白子ポン酢とかが好きなタイプだったので、
(もちろんお洒落系カタカナ皿も好きだけどね!!!)

本に関しては、
手間かけてお洒落にプレゼンされている、
いかにも材料費が高そうな女子系おつまみって食指が動かない。敷居高すぎ。


イタリアンもフレンチもスペインバル風もいいけどよ、
家にあるもんをどうにかおいしい肴に変える手法を教えてよ、

この本は、そんなruタイプの人間におすすめの本です。つまりオヤジ系。


見た目に美味しそうな写真もいっぱいで、いいですよ~。
簡単なんで、読みながらさっさと作って飲み始めたくなりますよ~(*´Д`)ウヒ


今試してみたいのは、バナナにベーコン巻いて焼くやつ、ちくわのかば焼き、卵黄のみそ漬け♥

まじで想像するだけでよだれが出てくる…




今日は結局、
家族がお土産として戴いてきた、山梨県産の白ワイン(やや辛口)を、

蜜たっぷりのりんごをスライスしたものにオリーブオイル&蜂蜜&粗挽き黒コショウをまぶしたものと一緒にいただきました( *´艸`)

りんごが消えた後は、
ハード系のパンに残ったオイルなどをしみ込ませてたべる♥


いい気分です…



なんていうかお酒って、

習慣ではなくて「飲みたい!」って思ったときに、美味しい♥と思いながら飲むと
いいお酒になりますよね。

つまみも、本当はなくてもいいんだけど、
簡単ではあってもそのシチュエーションを丁寧に整えていくって意味では、
すごく効果的だと思う。

リラックスしながら集中できるし、ある意味瞑想。笑


うわぁ~
酔っ払いになると、ru何言ってるか分からんくなるから、もうこのへんで。




あなたにもいい夜を(*‘ω‘ *)
thanks a lot, ××× 







2015年11月21日土曜日

おっぱいが小さいのはセクシーだと思うけど

photo by Pacopus

だってあたし可愛いもんね。

こんばんはruです(^◇^)

わたし、なんとなく気分がいいときに、
「おっぱいがいっぱーい♪」と口ずさんでしまう癖があります。

おっぱいって、なんかゴロがいいですよね。

あは笑




そんでね、ruはけっこうあるほうなんですよ。ええ。

F65という、セールでも定価でもあまり売り場に並んでいないタイプのお胸。


骨格ウェーブなんで、痩せるとあんまり目立たないんですけど、

今より5キロくらい体重があったときには、
結構胸のことで女友達からコメントもらったりしてました。



でね、初めて付き合った男の人に、
「おれ本当は小さい胸がすき」って言われたんですよ。


はぁ?ですよね。


まじお前の好きな胸のサイズとか知らんし、って話ですよ。



でも当時10代のruにとっては、
「わたしの胸、タイプじゃないんだ…」みたいなプチショックありましたね。


それでも、私の頭の中に「大きな胸=セクシーと言われている」みたいな前情報が既にあったので、
まぁこいつが小さい胸好きってだけで、わたしに魅力がないわけではない!って
すぐに思うことができました。


でも、自分の胸がちっちゃくて可愛らしいサイズ感なのがコンプレックスな女の子は、
好きな(バカかつデリカシーZERO)男に「巨乳が好き」とか言われたら、
間に受けてガーーーーンとか傷ついてしまうかもしれん。


いや実際、そんな友達いたからね。


そんで「胸ちっさいわたしは色気ない=女の魅力ない」みたいなことゆうんだけど、

そんなわけあるか。



あなたではなくて、
彼女に対してそんなこと言う男がクズに近いのです。


ただただ極めて幼稚で浅はかな人間なのか、
精神的に上に立ちたいのかなんなのかわかりませんが、

今のruなら、即「死ね」って言いますね。


いったいお前は何様のつもりなのか?

人の胸を拝ませてもらってる立場でその言いぐさは何なのか?

むしろ感謝しろ。崇めろ。


なので「死ね」って二回以上重ねて言いますね。

それが正しい対応の仕方だと思います。(時を巻き戻せるなら、そう言ってやります)




わたしは、
映画とかでスレンダーな女優さんが脱いでいくシーンはとてもきれいだと思います。

スレンダーで胸も小さい、いやむしろ平たくても(これまじ嫌味じゃないからね)、
下着を着ている姿もアートっぽくていいし、
脱いでもすごくエロスを感じて、画として魅力的だと感じるんです。

それが好きな男性もそりゃあいるだろうと。


豊かな胸だと、どっちかというと母性を感じるからな…

それはそれで甘くて優しくてあったかいイメージでいいのだけど、
ないものねだりなのか、
わたしは小さなおっぱい好きなのです♥(見るのがね♥)




それに男だって、サイズにこだわる人って稀じゃないか?


冒頭の彼氏も、
「小さいのが好きと思ってたけど、大きくてもいいね」って、
すぐ宗旨替えしてたし。(今書いてて、逆にむかつく)

結論:ちいさくてもおおきくても、おっぱいはおっぱい。

ってことなんじゃないの?

まあ男がどう思うかなんて本当にどうでもいいけどな。




だから、言いたいのは、

おっぱいは小さくても大きくても綺麗だし、

どんなのがいい/悪いって言われても知ったことじゃない。まじで。

女の子は、いつでも自分の身体が魅力的だと思ってていいということです。


むしろ思わないとダメだし、
そう思ってくれて大事にしてくれる相手にだけ、許可を出すべきだよ。

だから、「自分は魅力がない」なんて誤解して、閉じていかないで。柔らかくいてください。



love you.




応援クリックお願いします(*‘ω‘ *)
thanks a lot, ××× 






2015年11月17日火曜日

山ガールナチュラル系ブランドPD・骨格の傾向と「石油由来じゃない服を売ってくれ!!!」の叫び

photo byDiego Agudelo

着たい服がない…

きょうお店をぐるりと一周して思ったこと
覚書をシェア。


手に取りやすい価格帯の
山ガールナチュラル系は基本骨格ナチュラル向け。


studio clip……ボーイッシュ+ガーリッシュ

niko and ……ボーイッシュ強め+ナチュラル

SM2……ガーリッシュ+ボーイッシュ (骨格ウェーブがいけるのもある)


ジャンル変わって
naturarl beauty……ナチュラル(+フェミニン)(たまにストレートのほうが似合うのもある)



キュート系でも、アバは少ない印象。

デザインが変わっていても、
自然素材(特に冬場のウール)がとっつきにくいかもしれない。光沢ゼロだから。

トップの画像の女性が着てるような、
alternative っぽいTシャツとかならアバにも似合いそうだけどね。
山ガールじゃないしな。


PDナチュラル向けは、
山ガールと比較すると大人っぽい分、値段も高めになる傾向。
そんで、ストレートさんに似合うのも多いみたい。



ruは自然素材で甘めデザインのニットを探していましたが、見つからず。


ちょっと高めの、モード入ったブランドには、
ほぼアクリルORレーヨン+アンゴラ…みたいなのがあったんだけど、

ワンシーズンの化繊に2万は出せないと思って諦めた。可愛かったんだけど!





しかし(大きい企業さんに対して)いつも思うけど、

この素材ならこういう系統のデザイン、
ってバカの一つ覚えみたいにするのやめてほしい。(お口が悪くてごめんなさい)



あと、化繊ばっか使わんでさ、

主に自然素材使って、
人の身体が綺麗に見えるようにデザインもちゃんと考えて丁寧に縫製して、

それから売り場に送り出してちゃどうしても採算とれないんですかね?

生地のコスト分上乗せしてもいいから、
心地いいものをマーケットに流してほしい人、いっぱいいると思うんだけどな。



現状のように、

誰が似合うのか分からないような、
誰のことも美しく見せないような、

変わったデザインであることだけが目的みたいなへんてこりんな服を大量生産するのやめたら、
どうにかなるんじゃないのかね。

そりゃセールでも売れ残るだろ、みたいな服作る意味わかんないんだけど。


服が好きな人が作ってるとは思えないような布、いっぱいあるよね。

きっとアパレル業界も大人の事情が絡み合っているのだろうけど"(-""-)"

闇深そう。光よ差せ。




あーーーーー(*´Д`)

毒はいてしまったね。100パー本音だけど。

こういうのも、これから時代の流れとともに変わっていくといいですね。


んじゃお風呂入って寝ます。


ruでした。 グッナイ★



クリックって、なんか元気をもらうよね。そうだよね。
thanks a lot, ××× 
 


2015年11月16日月曜日

似合うものが分からない理由は好きなものが分からない理由とたぶんおんなじ



寝坊して、昼からスタバ。

そして好きな本を読む。なんてしあわせ。

そんな感じで喜びを噛みしめながら本を読んで泣いていたりしたら(やばい人)、


ジンジャーなんとかっていうアイスラテと、
エスプレッソ&シュトーレン(ドイツの焼き菓子・ナッツ3種とドライフルーツ入り)、

それぞれおぼんに載せて回ってきてくださって、試食させていただきました( *´艸`)


わたし、コーヒーはあんまり飲めなくて、
スタバで頼むなら基本ティーラテなんですが、(今日はラベンダーティーラテ)

熱々のエスプレッソとシュトーレンのセットは美味しかったです♥ クリスマス仕様♥
大人っぽい気持ちになりましたー笑



★ミーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


そんでいろいろ考え事。


わたしはパーソナルデザインとかカラー、骨格の分析とか好きで記事もUPしてますが、

そもそもなんでそんな服とかにこだわらなきゃいけないの?って気持ちは私の中にもあります。

見た目のことごちゃごちゃ言うなんて、
浅はかなんじゃないの??

それも他人様のことを言うなんて余計なお世話、ほっとけよ、って。


でもそれが好きなのは、
見た目を変化させることが、分かりやすいセラピー的要素を持つから。


言い換えると、「自分を好きになる」きっかけとして有効だと感じるから。


今日は自分の経験に基づいて、
パーソナルデザインについて書いてみたいと思います。

(ロマンスの立場から書きますが、他PDの人にも参考になればうれしいです)

by freestock.ca ♡ dare to share beauty
自由を感じる世界


前に似たようなこと書いたことあると思うけど、
ruが自分にどんな服が似合うか分からなかったとき、

ダサい見た目の自分が嫌いで、センスがない自分が嫌いで、
「わからない」ことも許せないし、そんな顔とか身体を持っていることすら嫌でした。

頑張ってもお金をかけても実りを得られず、周囲からの評価も得られず、

でもそんな自分を認めたくないから、
「別に興味ない」体を装う。

友人が何か華やかな場に誘ってくれても、
まず頭に浮かぶのは「何着ればいいの?!(´Д`|||) ドヨーン

プライドの高さから、アドバイスを受けることを求めることすらできず(たぶんこれが根本的問題)、
またも「別に興味ない」体でお断り。


もちろんそんな自分が大嫌い。


「ぼろを着てても心は錦」であることができたらいいし、そうありたいけれど、

たかが服を理由に、自己評価を落とし、能力を疑い、
自分の行動範囲を狭めていた時代がruにはありました。



でも今となれば、
「間違ってる場所を探し続けていただけで、わたしがダメなんじゃなかった」って思います。


役に立たない各種ゴミ情報がruの頭の中にいっぱいあって、
偏見やコンプレックスになって凝り固まり、目を曇らせていた。

鏡に映る自分をよく見ることができてなかった。それだけなんだなあと。



たとえば、

●母(PDグレース骨格ストレート)の
「シンプルが一番」という小さい頃からの何気ない洗脳(笑)、

●小学校高学年のとき胸の開きの大きなピタTを着ていたら、
母に「露出狂みたい」と言われたこと、

●性的なことに関して嫌な思いをした個人的経験や、世の中の歴史的経緯から
「女は損、男になりたい」という無意識の言動や装い

●学生時代、PCの本を読んでいた友人の「ruは顔がはっきりしてるから、PC冬だと思う」発言

●「胸が大きい人は深いVが似合い、浅い襟ぐりだと詰まって見える」というファッションアドバイス

●「長年着られるのはシンプルなもの」という情報

●「さばさばした性格(自己認識)だからラフが似合う」という思い込み


みたいなこと。


似合わない気がするけどなんで?
わたしが悪いの??という悪夢のループ。


今入っている情報が不要と判断⇒アンインストール
となればいいんですが、

自分単独で「思い込み」に気づくのは難しく、


私の場合「パーソナルデザイン」の概念を自分の中に落とし込み、

まさかのロマンス【自己診断】という結論が出たことで、
やっとこさ過去の情報を疑うことができるようになりました。



そもそも論ですが、

その人がその人の立場で役に立つと思った情報を発信していたり、
軽い思い付き程度で言ったことだったり、
その人のトラウマやコンプレックスから反射的に出てきた言葉を、

鵜呑みにする必要はないのです。


闇雲に信じていた私が無邪気だったのです。

本当なら、使えるかどうか自分で判断する必要があったのです。

役立たずならソッコー削除してもよかったのです。でもできなかったのね~。

 
by Jedidja

「やっと気づいたか」


そんな感じで似合うかもしれないスタイルが分かったとはいえ、
すんなり受け入れ態勢ができたはずもなく、とても抵抗を感じました。


たかが服ですが、嫌なもんは嫌です。

わたしは清楚OR少年ぽくなりたかったんです。
ロマンスとか無理です。



その抵抗感の根っこには、
「露出狂みたい」という言葉に象徴される、

性に対しての嫌悪感がありました。


さぐっていくと、それは母から受け継いだもので、
彼女のトラウマ+コンプレックスの裏返しだと感じました。
(無意識だと思います。)

わたしはそんな母に嫌われないよう、
性的な部分を変に抑圧し、おしゃれに興味のない自分を偽のキャラクターとして内面化し、
冴えない見た目になっていきます。

同時に、恋愛もいけないという発想もこびりついていきます。

(母のせいではなく、自分がそれを選んだんですけどね(´・ω・`))(無意識だよ)



まあそれでうまくいけばよかったんですが、

自信をなくしたわたしに変な男は寄ってきます。
身の危険を感じます。(負のループというのは怖いですね)


「わたしは女らしくあってはならない⇒女らしくない」という自分を守るための鎧、覆いは、
長年培っただけあって強固でしたが、
嫌悪感を持ったまま、自分を表現し謳歌するのはどう考えても無理。



それにやっぱり、上品で柔らかく美しく大人っぽくセクシーなデザインを着ると、
自分が映えているのがわかるのです。

シンプルでラフカジュアルな服と比較すると、その差が歴然すぎるのです。

ロマンスやフェミニンといった大人の女性っぽいスタイル以外は、
一通り試した過去があったので、脳内で比較した結果いろんなことが腑に落ちました。


わたしは思い込みも激しいほうですが、
客観性や好奇心も(一部)人並み以上の部分を持っています。


あと損得勘定もはっきりありますので、

いろいろな抵抗や罪悪感や葛藤ののち、
自分にとって損になることをこれ以上続けるのは非合理的だという判断を下すに至りました。




色気は隠そうとすればするだけ、ゆがんだ形で漏れ出す。

極論のようですが、死にたくないなら、
開き直って「わたしを見てもいいわよ」くらいにならんとな、という諦めが変化への原動力でした。



他のPDタイプでも、
「女らしさに欠ける」「馬鹿にされる」「とっつきにくいと思われがちで孤独」など、
それぞれ陥りやすい悩みがあると思うんですけど、

ぜんぶ同じですよね。

ある意味諦めて、他の誰かになろうとせず自分を受け入れるって点では。



すると、これはどうしたことでしょう。
ruは周りから「お洒落になった」「綺麗になった」「明るくなった」なんて言葉をもらうようになりました。

変な男の気配や出会いがなくなりました。


ポジティブなフィードバックをもらい、
自信をつけた私は楽な気持ちで人にアドバイスを求めるようにもなりました。

人からアドバイスを求められるようにもなりました。


買い物も別に怖くないし、

ていうか楽しいし、

見た目について他人の目が気にならなくなって、
他人が何を着てても別にいい。

何を着ていけばいいかがプレッシャーになって、友人の誘いを断ることももちろんない。
そんなもったいないことしません。



さらにいうと、PDロマンス、PC夏、骨格ウェーブという概念にも、
最初のうちこそかなり縛られていた気がしますけれど、

今は「それ軸に好きなかっこすればいいんでしょ?」みたいなゆるい感じです。

「たかが服」っていう感覚です。
だけど「されど服」も分かる。


だからオタク気質と自分の経験を、どうにか他人様にも役に立たせたいと思ってしまうのです。

人が好きだし、特に女の人が好きなんだもん。



セラピーというと大仰な感じがするかもしれないですが、

プロに診断を受けて何か所かに同じデザインを言われたんだけど似合って見えないとか、
すごく嫌いだからそれを着たくないって場合は、

「たかが服」別に無理して嫌いなの着る必要ないと思うけど、
自分の中よく見てみよう?って思います。


自己診断のわたしが言うことじゃないけど、
誤診だと思うなら、自分で自分のこと突き放してよく見たら、
PDとかPCとか骨格にこだわらなくても、なんとなく魅力的に感じられるスタイルがあるんじゃないでしょうか。

それが分からないなら、自分の目が曇ってると思ってもいいかも。




みんなが楽しく服着てハッピーに過ごせたらいい。
ほんとに心底そう思います。



長々読んでくれてありがとう。 ruでした(*‘ω‘ *)




クリックしてもらえるとやる気が出ます。
thanks a lot, ×××





2015年11月5日木曜日

小学生の「未成年の主張」に学ぶ。「だいすき。ぼくのことすき?」(コクンと頷く) をできるようになるのが、元の自分に戻るということ


photo by Bless Her Heart

幸せな画。


こんばんは、ruです。

きのう小学生の「未成年の主張」でデトックス…がんばれ男の子!という記事を書いたのですが、

思った以上にビューが多くて驚いています。


みんな、懐かしさと切なさにうるうるしたんだね。笑





またそれ関連ですが、


あの告白見てて、

男の子が話しかけている相手が、
一貫して相手の女の子(だけ)なのがすごいなって思いました。


テレビだし、周囲にいっぱい人いるし、「なんで~?」とか合いの手入るじゃない。



でもそんなのよりも何よりも、
相手の女の子に聞きたい・伝えたいっていうぶれなさに感動した。

すごいコミュニケーション能力。



中高生以上で、
あの状況で相手だけを見て率直にコミュニケーションとるできる子がいたら、
金メダル級に選ばれし人間だと思う。


わたしも含めたいていの人間は、

自意識が邪魔して、
周りの人の目をまず意識して、へらへらして、別にどうでもよさげな態度を装って、
(想像するだけでダサい…)


すっごい頑張って相手を好きとは言えたとしても、

「僕のことすき?」とは100%聞けんでしょうね。




オトナにとっては、怖い質問じゃないですか?

心臓に穴掘って火薬埋めるような感じじゃないですか?



自分のことを自然に受け入れて愛してる時代だからこそできる質問だよね。


自分は愛される価値あり!
って無意識で信じることができてるからこそ訊ける。


怖くて訊けないっていう人は、
自分は愛される価値がないかもしれない、って信じてる。

だから訊けない。言えない。


一番言いたいことは何も伝えられないで、
外野だけ気にしてへらへらへらへらしてるんだ。



ああもう、

オトナってかなしすぎる。(´;ω;`)ウゥゥ






…でも、みんな子供だったんだよ。


photo by josemanuelerre

明かりをともす。


ruは、どうしてこんなことになっちまったんだ!とたびたび憤っています。



なぜならオトナはみんな、
褒められるよりもけなされるほうがしっくりきてるみたいだから。



小さい子に、冗談でも「○○は悪い子だね」とか言うと、
必死になって、時には涙目になって「違う!悪い子じゃない!」って反論してくる。

(でもこの冗談はイカンな…)

もちろん「いい子、大好き」って伝えると、100%それを受け取るよね。やつら。神。




だけど、

オトナに「すごいですね」「優しいね」「綺麗」「ありがとう」とか、
なんでもいいけど嫌味でなく相手を称えるようなことを言うと、

「いやいや」「別に」「全然ですよ」「まだまだです」「私なんか」「うんこ」


みたいなさー


謙遜好きかーーーーーー!!!!!! オイ


しかも空気を読んでの謙遜とかじゃないんだよね。
(そういう場合も多少はあるかもしれないけど、多くは)


本気なんだよ。


全力で「あなたは素晴らしくて価値があって存在に感謝してる」ってメッセージを否定するし、

「そんなことないんですそれはあなたの勘違いで僕にはそんな……延々」
みたいな反応が内側から発作的に出て来るようなんですよね。

なんで自分を貶めなきゃいけないの。


卑屈か。


「そうなんですよ、私ってほんとに美人でー」
「世界一優しいで賞をおとといもらったばっかなんですよ」

みたいな反応だって、謙遜・卑屈アティチュードのバリエーションみたいなもんじゃん。


ほんとに100パー受取れてたら、
「嬉しい、ありがとう」って、頷いたり、満面の笑みになったり、感極まって泣けばいいじゃん。


でもできない。
否定しないと落ち着かないし、相手を騙して悪いことしてるみたいに思えちゃう。

少なくともruはそうだった。


周り見てても、結構みんなそんな感じ。



たとえば、
親しい家族や友達のこと、好意があってもストレートに伝えるのに抵抗あるのは、
そう思ってないからじゃなくて、
「人を良く思える、愛があるっぽい自分」が居心地悪いわけで。

そんなキャラじゃないから、ってどんなキャラなのさ。

ネガティブなこと言うほうが似つかわしいキャラなのか。




まじでどうしてこんなことになってしまったの。



あんなに素直にコミュニケーションとれてた私たちが、
怖れと罪悪感に覆われて、自分のことばっか考えてるコミュニケーション不全な人に。


オーマイガッって感じ。



過去を懐かしんで「あのころは戻らない」とか言う人多いけど、
「すでに心が汚れてしまった」とか言う人いるけどさー、

そうしたら死ぬまで「あのころ」に嫉妬して絶望したまんまなんだよ!まじでいやなんですけど。

斜に構えててもしょうがないじゃん。


ピュア―に戻っていこうぜ!


アラサーのピュア笑、いいじゃないの。(´_ゝ`)


そしたら世界は明るいよ(*´▽`*)



素晴らしいあなたも素晴らしくないあなたも、愛をこめてクリックお願いします!
thanks a lot, ×××








2015年11月4日水曜日

「理想の暮らし」を考えると「理想のパートナー」の条件まで浮き上がってきた

photo by StephaniePetra

理想の暮らししてるじぶんてこんな感じ♪
きゃっほい♪


♦理想の暮らしってどんな感じかな。




好きな時間に寝て、好きな時間に起きる生活。


なので、一般的なサラリーマンとして働いてはいない。
フリーランス、自営業者が基本で収入を得ていたいね。


もし早朝に目覚めていたら、水を飲んで外に出て、


庭つきの小さな一軒家が理想。



んで、先に目覚めていたパートナー(恋人♡)と一緒に、その辺を散歩に出る。


ビーチで朝日の中、ぼーっとしたり水の中でばちゃばちゃしたりヨガしたり。


家に戻って、フルーツや野菜スープで朝ごはん。



わたしは基本家で作業する。

コットンやシルクやカシミアなどの着心地がよくて美しいシンプルな服を着て、

家事、または外部と接触のある何かしらの仕事。創作。



部屋にはお気に入りの写真や絵が飾られていて、

いつでも心地いい音楽が流れ、
アロマやハーブ、料理中の食べ物の匂いが家中に漂っている。


庭には、手入れのされた地植えの植物やプランターがいっぱいあって、
それを摘んで生活の中で使っている。


時々は外で対人のお仕事。



夜は、誰かを招いて食事。
簡単な料理と軽いお酒で、ゆったり過ごす。


星や月、雨を見たり。
風や虫や動物の鳴き声を聴いたり。



そんで眠くなったら寝て、眠くならなかったらずっと起きてる。






♦「なんでそれしたいの」を繰り返してわかったことは。



なんで?を繰り返してみたものの、

わたしの答えはすぐに「自由を感じたい」「直感を鋭くしてクリエイティブでありたい」「気持ちいい」「好き」に収束してしまい、

あんまり深められずちょっと残念ですが、

書いたものを眺めると、わたしってこういう生活が理想なんだなとつくづく感じます。


わたしはとにかく、五感に気持ち良く穏やかに過ごしたいみたいです。

地味かもしれないけどアートと自然に囲まれて、感性は子供のようでありたい。

その中で直感を磨いて「悟り」に近づきたいし、笑

クリエイティブになって創作もしたい。

あと絶対隣にパートナーがいてほしい。必須。



photo by chelseashell

理想の書き出しというより、もはや願い事


何度も書いていますが、

自由でいたい、ずっと夏休み気分でいたい、って気持ちが強いです。

縛られたくない!っていう考えに縛られているともいえますね。


なるべくマイペースでいたいし、
納得できないルールに合わせて動くとすごくストレスがたまる。

そのくせ、人が好きで興味しんしんなんだけどね。


集団や組織に合わせられない、
社会性が欠如した部分があることを認めざるを得ません。


前は否定すべき部分だと思っていましたが、
今はわたしの性質と思って受け入れています。仕方ないにょ~。




なるべく穏やかで自由な気持ちでいたいので、
都会で人が多い場所よりは、自然の多い田舎がいいですね。

でも閉鎖的ではなく、少し開けてきた感のある田舎…みたいな。笑


で、今は海の傍に住んでいるので、朝はビーチに散歩…と書きましたが、
経験したことのない、山や湖が傍にある生活にも憧れます。


アウトドアアクティビティが日常的にできたら楽しそう。


そしてアパートやマンションよりも、一戸建てに住みたいですね。


建物自体は古くても構いません。

ただ、庭はあったほうが嬉しいな~

土いじりしたいし、庭で食べられる野菜やハーブや果物を育てたい。
コンポストで野菜くずが土に戻っていく様子を見たい。

できたらハンモックがほしい。


友人がきたら外でバーベキューをしたいし、
友人がこなくても、パートナーと外でお酒を飲んだり冬は餅焼いて食べたりしたい。



そうそうそう、

わたしにとって、友人たちが来てくれやすい空間を作るというのは大事なことらしく、
全国や海外から気軽に会いにきてほしいと思っているのでした。


むしろ、知らない人も泊めたいくらい。

仲間、を全国いたるところにつくりたい。



今は実家暮らしですが、
まあ昔から友人を呼びやすい家ではなかった。

それは、母が「だめだめなところ」を他人に見せるのを良しとしないことが大きいんですが。



なので、いつか一緒に暮らすパートナーを選ぶときには、
「人を家に呼ぶことに抵抗がない/むしろ好き」であることは重要だと感じました。

今はパートナーのパの字もありませんが、(´;ω;`)ウッ…


こうやって暮らしの理想を書き連ねていくと、
パートナーに求める条件までもがだんだん明確になっていきますね。



わたしがふわふわして夢見がちで計画性と論理性に欠ける分、
地道な努力ができて計画性のある、理性が強い人に惹かれるのですが、

それでもやっぱりガチガチで資本主義+勝ち負けの思想を掲げる人は
合わないだろうなと思います。


だって、わたしは今書いた理想を諦める気がないんだもん。


もし好きな人がcity boyだったら、結局は別れると思うし。
価値観を共有できる人がいいな。


(´▽`)



そんなわけでいつも通り徒然書いて参りましたが、

前回の日記の通り、

理想を考えろと言われても、現状の枠を外して考えることを怖れてしまうことがわかり、

でもそれに負けずにとにかく想像してみると、
人生の方向性がクリアに見えてくるかもしれません。



わたしの場合は、好きな時間に寝て起きる生活が理想。


それを現実にするために、
努力というか意識改革が必要みたいです。



でも、固定で八時間労働を前提に「身近な理想」を描くよりはるかにやる気出てきました。

うん。




でもこれ「片づけの魔法」の下準備なんだよね 笑

どうやってお片づけのプロセスに活用するかね~(´▽`) 読んでもらったのにすいません…



とりあえず、自分の望むビジョンを言語化したことには意味があったと思う。


で、終わりっ。




ruにとっては上記が理想だけど、そんなの理想じゃないやい、って人もいるんだよね…ふしぎ。

お互いビジョンに向かって進んでいこうね。
クリックお願いします。

loveさんきゅ×××

2015年11月3日火曜日

小学生の「未成年の主張」でデトックス… がんばれ男の子!!!

photo by apenas um olho de vidro..

おまえならイケるって!だからがんばれよ!



こんばんは、ruです!


みなさんご覧になりました?

「学校へ行こう」一夜限りの復活!!!!



昔観てましたねえ!!!

ちょうど小学校高学年~中高生の頃でしたね…



尾崎豆さんのシュールかつ哀愁のある歌声大好きでした(*´Д`)

(久しぶりに拝見して、Youtube検索しました…同じような人多いだろうなあ)




で、「学校へ行こう」と言えば「未成年の主張」ですよね。


見た人は分かると思うんですが、
あんな短い編集時間なのに、ruも胸打たれてしまいました。


小学生の少年の告白、二連発。


「2:17」くらいから始まる「クラスの女の子」、




「6:50」からの「おしえてほしい」。




もう、あまりにピュアでまっすぐな告白に、こっちが嫉妬してしまう。


胸を射抜かれました。


定期的にCMとかで流してほしいくらいです。

傷つき弱りすさんだオトナの心を、たびたび洗ってほしいです。(´;ω;`)ウッ…




わたしは、上に書いたけど、
「子どもってかわいいな~」って思うだけじゃなくてかなり動揺、嫉妬しました。


ええ、そんな余裕ぶっこいて上から目線じゃいられませんでした。




だって、うちらもあれくらい綺麗だったじゃん。



なのにもうあんな風に素直に好きって言われることも期待できないし、

それに対して「うん」って素直に頷いて喜ぶこともできないの!?




そんなのないよーーー 泣



だとしたら絶望しちゃうよ!!!!!!!!!!(;O;)




そんなのわたしは絶対ゼッタイゼッタイ信じませんから。

とか首を振らんばかりでした。




今は草食系とか言われているあの子もあの子もあの子も、

小さい頃は、

あんなぶるぶる震えながら半泣きながら勇気を振り絞って、
「剣道強くなって守ってあげます」とか言ってたわけでしょ?
(言われたい…)


だれがあんな腰抜けの様子見ヤローにしちゃったわけ!!!!!!!
許し難し!!!!!!!




もし自分の好きな人が、過去にあんな告白してたのを知ったら、
絶対に勝てないと思っちゃう。


だって、基本十代も後半になると、あんなこと一生言わなくなるでしょう。

気持ちがあっても自分は絶対に言ってもらえない、って思ったら悲しいよ。

…落ち込む。



だがしかし。


あれ見て確信した。

男はシャイだから言葉じゃなくて態度を見ろ、とか言うの、あれ全部言い訳。


違う。


言えるし、言うべき。


振られてもあれ以上に恰好いい男前の告白はない!!!!


女の子が頑張って告白して…みたいなやつは、本来の流れじゃない。美しくない。



がんばれ男。怖がるな。

泣いてもいいし、失敗してもいいじゃん。




もうこれ以上言ってもあれなんで、

わたしはとりあえず自分に絶望しないように、トラウマ全消しで純粋になれるようにする。



嬉しかったら嬉しいって言って、嫌なら嫌って言う。


どんだけ素直になれるか勝負だね。




デトックスされすぎたせいで、好転反応の興奮が収まらないruに、
俺はがんばるよ!って人、クリックよろしく。


ありがとう、約束だよ。



2015年11月2日月曜日

人生の青写真って地図じゃなくて内蔵型ナビなんだろうな、という気づきと諦め

photo by nedim.chaabene

風船いっぱいつけて、おめでたい感じで旅できたらいいよね




答えは自分の中にしかない、とはよく言われることですが、


多くの人は、そう言われてもやっぱり、

自分の中のあやふやな感覚だけを信じて
それだけを頼りに人生を歩んでいくのはあまりにも不安だ、と感じることでしょう。


だから、なるべく大勢の人が選んでるような方法を選ぼうとするし、

もしくはすごく自信ありげな人についていこうとする。



わたしもそんなやり方で長いこと生きてきて、

でもやっぱりなんか違うんじゃないか、とも思ってきた。



人生の青写真というものがあるのなら、

それが分かる人にどうか読み上げてもらいたい。

「いついつこんなことが予定されていて、これを選ぶと間違いがないですよ。
 最短距離でゴールまで行きつけます。」



でもそんなことを望んでいても、だーれも教えてはくれなかった。




で、今思ったんだけど、

青写真とかナビって私たちに内蔵されていて、


大事なポイントの手前にくると、
どきどきしたりわくわくしたりザワザワしたり涙が出てきたり、

「くるよくるよ~」
みたいな感じで、私たちに知らせようとするのかもね?



計画してきた目的地から大きくはずれて、しかもそこで長期滞在したりすると、
違和感や苦痛の形で、
「目的地から離れてるよーアウェイだよー」って知らせてくれたり。



道、っていうのもさ、


そもそも正しい道が引かれていて、
その道からはずれないように歩いていくのが正しいと思っていたけど、

先が分からないまま自分ナビ通りに進んで、
結果後ろを振り向いたら辿ってきた道があるから、
「ああ、これが私の道だったのね」っていうだけなのかもしれません。



だから、「あなたが道です」なのか。


どっちにしても、先が分からない状態で進んでいくのがデフォルトだったら、

未知のものって超怖いから、
「なるようになる」 そして、「すべてはうまくいっている」という、
信仰を前提とした完全なる手放しが必要になるわな。



なんとなく行きたくないから職場の歓送迎会に行かない、
という選択をすることすら難しかった過去のわたしが理解できるはずがないわ。



でも、自分ナビを活用するというのは、きっとそういうことで、
あんまり複雑なことではないのかも。


そして、そこまで自分(エゴ)にとっても都合よくないから、使ってこなかっただけ。




じゃあ、使う気になれば誰でも使える。

わたしにも使える。 ヨッシャ


あとは、そうしたいかどうかだけ…ってことだよね。




寝ましょう。

おやすみなさい。♡




自分を愛したり信じたりすることって、何よりも大事なのになんでこんなに難しいって感じちゃうのでしょう。
バカでおかしな仕組みだぜ。

清志郎気分のruに、一緒にがんばろークリックおねがいします!


あーりがとさん(*´ω`) CHU♡