2016年4月25日月曜日

「学ぼう」「見て盗もう」「得よう」とするのは本当に好きな人からだけに。それ以外はただの打算の乞食。

by ulyankina
 
あなたは何をかかえている?


わたし、「人間関係」について考えてました。


わたしは、初対面の人を、
「合う/合わない」って判断します。


友人の中には、「合う/合わない」って感覚がそもそもない、
感じた事がない、という子もいるんですが、

わたしは確実に「合う/合わない」で判断する人間です。


「合わない」から嫌い、というわけではもちろんなく、
(嫌いな人はどちらかと言うと少ないほうだと思う)

「この人とは瞬時にわかりあえる、感性が近い」と思うか否かという判断です。



でね、

いろんな感性の持ち主がいて、
いろんな価値観の持ち主がいて、

わたしはそれを知るのがとても興味深い。

好きなのです。


わたしの特徴のひとつが、好奇心の旺盛さなので、
なんでもかんでも知りたいという気持ちで寄っていきます。


自分の考えと違う考えの人がいてこそ面白い(そう思えないときもあるよ)し、
なるべくジャッジしないでニュートラルにいたいな~
と思っているのですが、

それが良くない方向に働いていたかもしれない、

それはただの思考だったかもしれない、というのが今回の気づきでした。




人はそれぞれ違っていて、
それぞれが得意な事や魅力を持っていると思います。


わたしは「学びたい」人間なので、

それに「人を好きでいたい」人間なので、


「合わない」人、

それも「人間的になんか引っかかる合わない」人でさえも、

いいところばっかに焦点当てて、
尊敬できるスキル的な部分を学び取ろうとしてました。


反面教師にしようとしたんじゃないですよ。


純粋に、わたしから見て相手のすごいなって思える部分を、
学んで真似て取り入れたいって思ってたんです。


でもね、

毎回その方とお話ししたあと、疲れるの。


その疲れ無視してた。


感性は近い人かなって思ってて、
でも毎回「あれ?なんか響かないな?」って、困惑。


とにかく疲れる。ほんと疲れる。

悲しくなる。

モヤる。


なんで?
気のせいか?

だってわたし、その人のこと尊敬してるし!!!

…って。



わたしはその人の持っているもの、
じぶんが持っていない部分に憧れていた。

それはスキル。

それはステイタス。

それは洗練。


でも、人となりに惹かれていたわけではなかった。

そばにいて気持ちいいと感じてなかった。



それでも、
その感覚を誤魔化して、


わたしは見て盗もうとしてた。


言葉通り、盗もうと。



どんな関係性においても、
どちらかだけが与え、どちらかがもらうだけということはありえない、

それを理解した上で、

わたしはその人から盗もうとしていたと言うのです。


そばにいたのは、
何かが得られるから。

自分にとって都合がいいから、便利だから。

つまり打算。



見て盗みたいと思えるお手本が近くにいるのは素敵なこと。


だけど、今回明らめたのはそんなことじゃない。




話変わりますが、


わたしが大学時代にバイトでお世話になった居酒屋。

辞めた理由は、店長がどうしても嫌だったから我慢できなくなって。
(生理的嫌悪感。(;^_^Aひどいね)

それを他のバイトの人に言ったら、
「わたしも(俺も)店長好きじゃないし、たぶんみんなruちゃんと同じだよ。
でも軽蔑しながら続けてるんだよ」
って言われた。


わたし、それ聞いて、そっちのほうが嫌だって思った。

軽蔑しながらその人とやってくの?
それって、辞めるより愛情なくない?
相手を人として見てなくない?

すごい悲しいやり方だと思ったしわたしはしたくなかった。

で、辞めた。

辞めてもその居酒屋には飲みに行ったし、
客になって距離ができたら、店長にも感謝してお話しできるようになった。

わたしはそれでよかったと思った。




このことを、久しぶりに思い出した。


どこかでその人のことを苦手だと感じながら、
ある意味では軽蔑しながら、
もしかしたら相手に軽蔑されてるのかもと思いながら、

その相手から得ようなんていうのは、超不健全だ。


どこかで心ゆるせず、
馬鹿にされないように力が抜けず、

なんでそうまでして相手から学ぶことがある?


つーか、それで学べますか?って話。




その人の、言動の端々に感じる、棘。
他人を小馬鹿にした感じ。
オブラートに包んだようでいて、まわりくどい皮肉。

それがある種の人間には、
洗練された会話と感じられるのでしょうが、わたしは違う。


わたしは、刺激を求めるから、

退屈で優しい人よりも意地悪で頭のいい人を求めることもある。


身体に違和感があるのを感じながら、
本音で話せないのがつまらないと思いながら、
頭に血が上って疲れていくのを知りながら。

ただ、刺激のために。
(その刺激は質の悪い偽物ですけどね)



でも、やっぱり人格を置いておくことにするなら、
それはただ盗もうとしているだけなんだ。

奪おうとしてるだけなんだ。


わたしはそんな関係はもういらない。すべて手放していい。



その人はその人で素晴らしいと思う。

でも、
わたしは苦手。

だからその人を先生にはしない。


それだけで良かったんだ。


わたしはその人に惚れてないし、
その人みたいになりたいって思ってなかった。

ただ、ある一部分だけを切り取って、「そこだけ欲しい」って言ってた。


逆に言うと、そこ以外は好きじゃないのに。

パーツだけがほしいというのは、
相手を全体として見ていないということ。




なんていうか、精神が乞食だなって思った。
わたしがね。

なんで嫌いな人からでさえもらおうとするの?
その関係を手元に置こうとするの?

いらなくない?


周囲にいる人は、気持ちいい人だけにしたいよ。

いろんな種類の人がいて、
いろんな個性があって、
開花する才能も今現在持っているスキルもそれぞれ。


だけど、
人間的に好きじゃない人からは学ばなくてもいい。

無理に好きになろうとしなくても、無理に尊敬できるとこ探さなくてもいい。

ただ離れていい。


気持ちよくないんだから。

理由はそれだけで十分じゃないか。




設定変更します。

「わたしの周りは気が合う、気持ちのいい人ばっかりで、刺激に溢れています」


偽物の友情は、すべて手放します。

そして「100パーセント好き」と思える人・コト・モノにわたしのエネルギーをかけます。


どうか、
エネルギーをかけたいと思う人と出会う機会を、
わたしにどんどんお与えください。







2016年4月24日日曜日

しくみはよくわかんないけど、【モテる方法】

by Martin Cox
じぶんの欲に素直になれよ


わたしはモテモテな人間ではないですが、
経験上の自分比で、確信に近い仮説があるのでシェアします。

信じてもいいし信じなくてもいいです。

ただ、わたしはこれが真理だと思ってるってだけです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


あなたが女性で【男性にモテたい】と思っているなら、
方法はめっちゃシンプルです。

たぶん。(;^_^A




まず、モテるための努力をやめてください。


そんで代わりに何をするか?ですが、


【自分を愛する】なんですね~。

(ハイ、出ました)



徹底的に自分の本当の気持ちを聞いてあげて、
それを汲んで行動に移してあげて、
凹んでたら慰めてあげて、

とにかく【自分が世界で一番重要】って思って生活してみてください。


出来る限りでいいので、

好きなものを食べ、
好きな服を着て、
睡眠時間をたーーっぷりとる許可を出してあげて、
嫌いな人を無理に好きにならなくていいよって言ってあげてください。



「え、無理」と思ったそこのあなた、
「それがどうモテとつながるわけ?」って思ったそこのあなた、

騙されたと思ってやってみるといい。

やるのは自分に優しく甘くすることだけなんだから、
あなたに損はないじゃないか。


(詳しく知りたい人は、 「子宮委員長はる」ちゃんやその他の発信者のブログや本を読むといい)




その上で、
男の人が親切にしてくれたときは、全部受け取りましょう。

「悪いかな」とか「下心あるんちゃうか」とか、思わずに。
(てか別に下心あったっていいじゃん。なんでだめなの?)


まあ嫌いな人なら受け取らなくていいけども、

嫌いじゃない人、普通以上の人が申し出てくれたことは、
全部、一ミリ残らず有難くもらい受けましょう♥

そして、笑顔で軽く「ありがとう☆」と言いましょう。



全然的外れな親切で、
いらんわ、ってときは「これはいりません。これがほしいです」と言いましょう。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ただこんだけです(*´▽`*)


めっちゃシンプル♥

でも、めっちゃ難しいって人もいるかもねー。怖いっていうかね。


でもやるかやらないかだし。



あ、でもね。

これは【モテる方法】なので、
特定の人を落とせるかどうかはまた別のお話しです。



ruはそもそも、
女性がハンターになるという構図は変で不自然だと思っていて、興味ないんです。

片思いとかも、
大人になったらもういいんじゃないか?って思う。


女がじぶんの魅力の花を咲かせて、そこに寄ってきた男の中から選ぶ、

というのが自然の姿だと感じるからです。



だからこの【モテる方法】は【魅力を開花させる方法】です。



雑誌でいう「モテ服」着たほうがてっとり早いって思うかもしれないけど、

まあそれはそれでてっとり早いのかもしれないけど、
恋愛の質を上げたいならそれじゃたぶんあんま意味なくて。


遠回りに見えても【自分を愛する】が最強なんだなあ。



何か、匂いが変わるのかね?

見た目アレでも、超わがままで言いたい放題でも、男はいいみたいよ?笑


仕組みはよくわかんないんだけど、
とにかく実践前と実践後とでは、何かが変わります。

それ以上は知らない。笑


では。










今日買ったモノ♥ 靴♥


どうしても靴とかばんを新調したいなって思って、
那覇のリウボウ(デパート)に行ってきました(*´▽`*)


で、買ったよ♥


靴二足(⋈◍>◡<◍)。✧♡

FrancoSarto
サンダル♥
Bonsavourer
フラットシューズ♥



と、セミダブル用のボックスシーツ♥

無印の、麻素材

ためらいなく、

これ♥って気持ちで選べました。


すべてわたしの好みのテイストです♥



なのでただただうれしいままお会計したんですが、

偶然オープン25周年でポイント2倍だったらしく、

ポイントとか一気にたまっちゃって(作らなくていいって言ったら、「いえ今日のお買い物で一枚分以上たまりますので作りますね。次回2000円分使えます」って言って作ってくれた)、

そして更にその場で商品券も1500円分もらった。(無印でソッコー使った)

ラッキー。笑


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今まで靴を買うときは、
服を買うとき以上に思考が邪魔でぐちゃぐちゃ考えがちだったのです。



ルックス、履き心地、値段、利便性…

靴の場合、他がよくても履き心地ダメならダメじゃん。


だからいろいろ考えて考えて、
本心ではときめいてないもの買ってたよ。


失敗すごい多かったし、
コンフォートっぽい靴選んで見た目好きじゃないから結局履かなかったり。


欲しいのを見かけても見ないふりして我慢して、

でもいざ必要なときには気に入るのがなくてとりあえずで買って、
そこまで好みでもなく履き心地もよくなく値段も高いという、
「高い買い物」をしていた。



わたしのネックはやっぱり値段だったのかなって思う。


今は値札完全気にしないでまず見た目で選んで、

それから試着してふるいにかけて、

(履き心地の可能性に)賭けてもいいか?って自分に問うて(笑)、


それでOKと思ったら、もう買うしかない。



しばらく足痛いかもしれないけど、
「わたしの足さん、ちょっとだけ耐えてね」ってお願いするよ。(;^_^A


今回買った二足は両方本革なので、
これから梅雨入りする沖縄では履けない期間が挟まるかもしれないんだけど…


って、
もっと気軽に履けるやつ買う必要あるかもな。
(また買うのか)

ビーサンで生活できれば全然問題ないんだけどね♥
きっと周りがゆるしてくれないよね♥



そしてこの際、靴箱の中の普段履かないもの、全部手放すか。


実はまだまだあるんだよね。

特にハイヒール。


スーツ用のプレーンな6センチヒール。

結婚式用のワンピースに合わせて買ったLANVINの黒いキラキラヒール。

結婚式用に買ったピンクベージュの(たぶんUNTITLED 23区でした)ストラップ付ヒール。



足痛くなるから、
年1回か2回のそういうイベントのときしか履かない。


でも行事用として必要なんだよね。

そうだ、そういや冠婚葬祭用の布素材の靴も新調しないとなんだ…(ときめかないYO (;^_^A )


靴はなぁ~、難しいよね。


あげるって言っても、サイズ重要だしあんまりお古だとちょっとねって感じだし。



いずれはプロのシューフィッターさんに見立ててもらって、
自分の足にぴったりの一足を体感してみたいな。

それ基準に選べるように。



ああ、今回買った二足がわたしの足と仲良くなってくれますように。

靴の神様どうぞよろしくお願いします_(._.)_



あ、かばんはね、ネットでロンシャンのネイビーかグレーを買うつもりです。

お持ちの方で断捨離したい方は、ruにください♥(本気)






2016年4月23日土曜日

すべてを置いてトイレを優先してください

by 201403310600
おらおらおら

タイトル…

あほですねえ笑



でもコレruが最近意識してやってることで、

仕事中とか出先とかご飯食べようかなってタイミングとか食事中とか、


あれ?

おしっこ行きたい…

おっきいほう、お腹張ってきた…


と、感じたタイミングで、それを見逃さずにトイレに行くようにしてます。



前だったら、

「ここまで終わらせてから」とか、

「(レストランとかで)でももうご飯運ばれてきちゃったし」とか、

「みんなに迷惑かけちゃうし、30分くらい我慢できるから到着したらそこで」とか思ってましたし、


その癖はいまでも残ってますが、



直感とか身体の声とか言うなら、

トイレ我慢しちゃだめだよね~~



わたし、これ本気で言ってます。



便秘気味とかの人、

不安でしょっちゅうトイレ行く人もいると思いますが、


不安なときに行くんじゃなくて、

行きたいかも?って思った瞬間に間髪入れずに行くようにしたほうがいいと思います。



けっこうね、

やってみると面白いことに気づけるかも。



ruもなんでこのこと急に書きたくなったかわからないけれど、

響いた人、気になった人は、どうぞ試してみてね(^_-)-☆







2016年4月22日金曜日

愛してるっていいたいだけ

by 201501190500
なんで?


人に話しても理解してもらえる気がしないので、
ここに書きます。



好きな人がいますが、
明らかに相手に避けられています。


でも、相手は今でもわたしのことを好きなはず、という確信が90%くらいあります。


でも、きっとわたしが自分のやりたいことをやって、
それでお金を稼いで身を立てられるようになって、

かつ頭の中がすっごい自由で楽しい感じにならないと、

きっとうまくはいかないという確信も、100%です。(こっちは完璧!)



わたしはわたしのことに集中して、

ゆたかに目覚めていかなくてはいけない。



好きだけど、手放して忘れなくてはならない。


でも、相変わらず好きでいる自分と一緒に歩いていかねばならない。



わたしが成長して、
豊かで自由な雰囲気をまとい、

今とは違う目線で世界を見れるようになったら、


きっと同じくアップデートされた彼と一緒になれる。


もしくは、彼をアップデートしたような人と出会える。



誰にも分かってもらえないし、
鼻で笑われるか、「可哀想に」って思われるかなんだけど、

わたしはそれを信じているし感じている。



未来に、彼に会って、愛してるって言いたいだけ。


そのために、わたしは頑張る。



あなたを愛してる。















2016年4月20日水曜日

今日買ったモノ(⋈◍>◡<◍)。✧♡

今日買ったもの。


ruは家計簿はつけないって決めたし、
レシートもすぐ捨ててしまいます。

でも、何を手に入れたのか、
お金を何と交換したのかは記録していくと面白いかなって思ったので、
時々こうやって載せていこうと思います。

(なんのオチもないただの記録です)



今日は、

ギャル服やさんぽいとこで半袖のTシャツ(ニット)を二枚、
シンプルなヘアアクセを二つ、
表紙の絵を気に入ってしまったノートを一冊、

お買い上げ(⋈◍>◡<◍)。✧♡


あと、パンを食べましたーー
メインプレイスのマルコポーロの。
エッグなんとかっていう、プティングのような甘いお菓子美味しかった。



おとといは、
ネットで注文した毛玉とりが家に到着。

HPからお借りしました

毛玉クリーナーKD778

↑楽天にとびます


冷え取り用のタイツやセーターの毛玉をきれいに取りました♡
すっごい簡単になくなるので、おススメです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

しかし、春物は色が綺麗で、たくさんほしくなりますね!


わたしが今日最終的にお買い上げしたのは、
上記のように比較的シンプルでオーソドックスな色とデザインですが、

迷って結局置いてきたモノたちは、
結構鮮やかORクリアな綺麗な色のものたちが多かった。
ちょっとリゾートっぽかったりね。

欲しかったけど、要検討。
優先順位!とココロを鬼にしました。(嘘、そんなことはない)



でもデニムばっかじゃなくて、

今着てなじんでるパターンばっかじゃなくて、

もうちょい冒険してキラキラな感じ開拓したいな~!


靴とサンダルとバッグ欲しいなーん(*´▽`*)
(もう寿命きてるから☆)



あ、わたし全然ミニマリストやシンプルライフの人じゃないって、
わかっちゃいますね??(;^_^A

そっちは全然名乗れないので、
「好きなものだけに囲まれて暮らしたい人」のくくりに入れてください。

自分の中でバランスとりながら、
自由に豊かにやっていきまーす。





2016年4月18日月曜日

待ってるだけじゃなくて動け、だから変わらない現実

映ってるのがru。
東京から旅行にきた友人と海に行ってきた。



今日の夕方、

「わたしの外側(現実)はどうして変わらないの?」と、
急に感情的になって、また泣いた。

うえーんうえーん、と、家族が留守なのをいいことに大声を出して。


どうせわたしなんて、とか、
きっと今のやり方が間違ってるんだ…とか、
久しぶりにしょぼい自己嫌悪と自己憐憫に浸って後ろ向きになってみっか、
という積極的な気持ちがあったのですが、

さくっと泣き止んでしまった。


もうあれです、

前に進むことのない、ただの自己嫌悪や自己憐憫はできないっぽい。


泣いたら次に進めよホラ、
って感覚が湧いてくるので、だらだら泣いてもいられない。


仕方ないので、
クリアに頭を整理してみることにした。

自分が何でモヤってるのか。




他の人(自己開示をblogに載せている方々)は、

「やりたくないことをやめてやりたいことをやる」を始めたら
「何もしていない」のに臨時収入入ってきたり、パートナーに優しくされたり、
というミラクルを経験しているらしいじゃあないですか?


わたし、それなくね?まだ経験してなくね?って思った。
比較してみて。


いや、内側の感じ方が変わったおかげで、
前よりだいぶ力が抜けて、感度は上がって、
ほしいものとほしくないものを見分ける力がついて、
その結果、身の周りから「不快」「嫌い」がだいぶ減った。

おかげでエネルギーの漏れは減り、
疲れたと思ったら罪悪感なく睡眠をとることもできるようになった。

好きな事やものにエネルギーやお金をかけることに、
抵抗はだいぶ減ったし、気持ちよく使えるようになってきている。


でも、うーんどうだろう、分かりやすくお金って形で入ってきてはない。
だからまだ全然ダメ!

って感じていた。

これでいいんだ、という感覚はあるけども、自分を信じ切れてなかった。



それよりも更に「これでいいのかなあ」って自分を疑ってしまうきっかけは、
身の周りの人たち。



昔の友人も、
ちょっと前に知り合った人も、
親戚も。

つまんない…



これでruの性格の悪さが分かってもらえたと思うけど、
わたしはこう思ってた。


「わたしが変わったのに周りの人が変わらないってことは、わたしは本当には変わってないってこと?」

「合わないと思う人から離れて離れて離れて、ってやってったら、心から分かり合えるって思える友人がいなくなった。わたしが単に性格悪くなったから?」


これはほんとに苦しい。


感覚が違う、分かってもらえない。
話していてつまらない。

嫌いじゃないけど、居心地悪い。


わたしは相手に「そんなことどうでもよくね?」って思うし、
きっと相手は「何言ってるの?普通そうはいかないでしょ」って思う。


何を言っても「でも、そうできない理由だってある」って否定されて流される。

「ruはすごいね~」って、遠巻きにされる。

「現実には」って、深刻な顔でこっちのエネルギーを消沈させられる。




わたしは今モーレツに友達がほしい!


どんな友達か?

夢を語れる友達。

こんな未来にしたいね、って笑顔で言い合って、
「こうすればいいんじゃない?」ってアイディアを出し合える友達。

既に自分の中身を観ることをしていて、
純粋な本音だけの会話ができる友達。



っていうかさ、それ以外、友達って言わなくないか?
>過去のわたし

おまえは一体何を軸に今まで人間関係を築いてきたのか?

もう本当に情けない。





そう、それでね、

「そういう人しか周りにいない自分、収入が少ない自分」は、
「やり方を間違ったんじゃないか?」

って自分を責めようとしたんだけれども、

それすら「逃げ」だって、明らかに分かってる。


違う。

「間違った」んじゃなくて、「足りない」んだね。



たぶんわたしの人生においては、
自分がほしいものをほしいと言って手を挙げることが一番必要なこと。

そういう設定になってる気がする。


過去、やってよかったって本気で思えたことは、

周囲の人がちょっと引き気味のチャンスに対して、
「はい!!!やりたいです!」
って自分から言ったときだけだった。


周囲の人がよかれと思って、
「これやってみたら?」とか「向いてると思う」とか言ってくれたり、
友達が誘ってくれたことに気が向かないけどノってみたりしたことは、

もちろんいい経験にはなったけれど、

心からの満足感で「やってよかったーーー」と思ったことはない。



チャンスの得方は人それぞれ個性があるんだと思う。


わたしの場合は、
完全にわたしがやりたいと自分から思ってやったことだけが実る。
怖さの中、好奇心にまかせて手を挙げたことだけが。


なのに今、
「思うように進んでない」感覚があるのは、
わたしがやりたいことをやってないから、ってだけだ。


たぶん、一時辛いことがあっても、
「やってよかったーーーー(*´▽`*)」としか思わない結末がやってくる。

それだけがわたしのほんとの意味での経験値になる。


あとは行動していくだけ。

友達もお金も、新しい場所でぜんぶ獲得するんだ。


きゃー怖い。


でも、早くぜんぶ手に入れたい。
























2016年4月15日金曜日

わたしは誰の世話もしたくないし助けたくもない、ってやっと明らめた!冷たくてドライで結構です。

by jeronimoooooooo
不都合な真実でも、嘘よりは美しい。

わたしには年の近い弟が二人いますが、
五歳下の弟が生まれたとき、
二歳下の弟は赤ちゃんに興味しんしんで、一緒に赤ちゃん用ベッドに寝るくらい可愛がっていたらしい。

そういう写真も残っているし、
両親が懐かしそうに言うから間違いない。

ちなみにわたしは、たぶんほとんど興味なかったんだと思います。
お絵かきとか絵本を読んで自分の世界に浸っている方がずっと好きで。
弟が生まれてうれしいい♥という感情が全く記憶にない笑
親も、わたしについては特にコメントはありません…


でね、
親がそのことを懐かしそうに言うたび、
「小さい兄弟に興味がないなんてruは意地悪な子、女の子なのに」
と言われているような気がして、心がチクチク痛むのを感じてました。

わたしにとっては嫌な話題。
責められてるわけじゃないのに、自分自身が責めるから。



で、小学校中学校高校生とかになっても、
親戚の赤ちゃんとか見てテンション上がることもない。

年下のいとこ(女子)が、「抱っこさせて~(*´▽`*)」と満面の笑みで赤ちゃんのそばに走っていくのを見て、「わたしにはできない…」と思ってた。
ひそかに凹んでた。
「抱っこしたい!!!!と積極的に思わない自分は可愛くない女の子なのでは」
と思ってた。


んでね、
それ自体がこじらせなんだけど、
たぶん、「女の子=小さくて可愛いものが好き=赤ちゃん好き」という、
社会からの刷り込みに、
じぶんから合わせていこうとしてたんだと思うけど、
苦しかったよね。



別の面で言うと、


わたし結構優等生だったから、
小学校の頃とかは、「○○のこと助けてあげてね」みたいな感じで、
先生に同級生の「世話」を頼まれることあったのね。

でも、そのときの感情と言えば「なんでわたしが?」だったからね。

他の子が、「甲斐甲斐しく」「面倒を見て」るのを見て、
「やべっ、わたしもやらなきゃ(やってる風に見せかけなきゃ)」って思ってたりはしたけど、
本質的に世話焼きじゃないから、相手が求めていることわかんないよね。




と言ってもね、
わたしがいかに嫌なやつかを皆さんに知ってほしかったわけでは、
もちろんございませんよ!!!



これも最近思い出して、

「あーわたしこじらせてたんだなあ、無理してたんだなあ」
って気づいたことの一つで、

結構大きなパッカーンだったのです。




わたし、人から「ドライ」「飄々としてる」って言われるんですけど、
それ自体は別にどうってことないんですけど、

「冷たい」「優しくない」って思われてるかも?
って自分の中で思った瞬間、
すごいテンパることに気づいた。

どーしよどーしよってなる。


だから、たぶん人より、「優しいって思われたい」気持ち強かったんだろうね。

「世話好き」な人、めっちゃうらやましかった。愛情深く見えて。
そうじゃない自分と比較しては自己嫌悪。



でもさ、

わたしは結局「人に興味ない」んだよ。

噂話とかもどうでもいいし、
自分が興味のある人にしか興味ないんだよ。

「面白い人/面白くない人」というカテゴリーに人を入れて、
世界を見ているんだよ。

わたしたたぶん本質的に「助ける」ことにも「お世話する」ことにも興味ないんだよ。

誰の世話もしたくないし、興味ない。


多少ある、わたしを必要としている人に何かを与えたい、という気持ちはきっと後付けで、
わたしは「面白い人」「面白いこと」だけと関わっていたい。



性格悪い、っていうか冷たいかもね。

冷たいって感じる人もいると思うんだよ。

女性らしくないって感じる人もいると思うんだよ。



わたし、今まで、自分では「優しい人」だと思ってたの。

なぜなら共感性がすごく高いから。

でも、「優しい」と「共感性が高い」はたぶん違うんだろうね。



わたしの場合は、
悲しんでいる人が傍にいると、わたしまで悲しくなるから、胸が痛むから、
悲しまないでと言いたくなるだけ。

誰かがいじめられて泣いていると、
わたしまで体中が痛むから、いじめっ子に「やめて」と言う。

怒ってる人がいると、
その人のエネルギーに即影響を受けて、落ち込んだりする。

それだけのこと。


だからって、その人たちのために身を投げ出して時間を費やして尽くしたいとは、
つゆほども思わないんだ。

可哀想とも、助けてあげたいとも思わないんだ。



むしろ、

「あなたをもっと見せてよ」って感じ。

「あなたもっと素晴らしいんでしょう?その特徴を見せてよ」って感じ。

「うっわ、すごいな宇宙、いろいろあるね、世界は広いわ(笑)」って、
好奇心を満たしたいだけだった。



ニュースで悲しい話が流れると、
一瞬で涙が出てきてしまうけど、優しいからじゃない。
わたしの場合はただの身体反応。

痛い痛い痛い、っていう人の痛みが、自分のものとして感じられるだけ。

人が泣いているときのエネルギーが、
わたしの上に乗っかってきて、苦しくなるだけ。



誤解してた。


こじらせてたわ、社会通念とごったにして。


わたしは誰の世話もしたくないし、優しくもないし、助けたくもない。

わたしは興味のあることだけやって、
面白い人と絡んで、
もっといろいろ見て知って遊びたい。


わたしにとって一番興味があるのが、人の感情と成長と変化だから、
人が素に戻っていくプロセスだから、
それに関わりたいだけ。


わたしは誰のことも助けたくないし、世話なんかごめんです!!

生まれたときからそうなんだ。

今は赤ちゃんも子供も好きだけど、それはあいつら面白いから。
見てるだけで面白いし、同級生みたいな感じ。

お年寄りもそう。面白いから接している。面白くないお年寄りは興味ないです。←




わたしにとっての愛は、
相手を尊重すること。認めること。信じること。

人それぞれ、を受け入れてもらえること。

それがドライに見えるとしたら、
そう思った人はわたしにとって「面白くない人」だから、
無視してればいい。


そう思った。


わたしはわたしの個性のまま生きるぜ。




自分が小さい頃から赤ちゃんや小さい子やお年寄りが好きで、
なんとなくいつでも人のお世話をしてしまう、
それが癖だし得意だし好き、って方は、どうぞそのままで(*´▽`*)


わたしはそんな友人たちに助けられ、
今まで生き延びてきました。

すごく感謝しています。

わたしはあなたたちに憧れていますが、そうなれませんでした。
種類が違うっぽいです。

これからはあなたたちを尊敬したまま、自分らしく生きていきます!
今後ともよろしくです!







2016年4月14日木曜日

エゴと魂の声の見分け方

by Little_Li
深く静かに潜れ

きのうの記事、
【お金】というわたしがすごく興味があることについて書きましたが、
今になって恥ずかしくてザワザワ。

だって、わたし今リッチじゃないんだよ?

よく書いたよね、って思われてんじゃないか?って
ザワザワ。笑


今までなら、UPするのに躊躇してザワザワ、
でもUPしたい!!!って思ってUPして、

→しばらく時間が経過してから、
「あれでよかったのかな?人に何て思われるか気になる」
って二度目のザワザワ。

→ザワザワに耐えられずに削除。


でした。


でも今は、

わたしも【子宮系】やら【スピリチュアル系】のくくりの端っこにいると、
自覚しておりますし、
いまだへなちょこながら誇りを持っていますので、


ザワザワが襲ってきたときも、土壇場で踏ん張っております。



だって、「自分に集中」でしょ?

「人はどうでもいい」でしょ?

「自分の中の声に従う」って決めたんでしょ?


はいその通り。
自分がしたいと思ったことをやらせてあげるのです。


あとはもう大人として失格のわたしではありますが、
褒められたもんじゃない日常生活を過ごしておりますが、

それだけは頑張らないとね。


唯一の努力点です。





前に、魂(子宮、ココロと言い換え可)の声とエゴ(思考、頭)の声の違いについて、
書いてあるblogを読んだことがあります。


それによると、

魂は、「~してみたら?」「~するといいよ」くらいの、
穏やかで優しくてほっとする提案みたいな感じ。
なんとなくふとそう思う感じらしい。

でも、無視することも全然できる。
根拠ないしなんとなくそう思っただけ~、だからね。


それに対して、

エゴは「~しないと大変なことになるよ」「人からどう思われるか」「今すぐ行動しろ」って、
緊急事態風味で脅してくるらしい。
一刻も早く!と判断を迫ってくる感じ。

こっちは無視するのは難しい。
なんといっても、この思考が湧いてきた段階でうちらテンパってますから。
とにかく今決めなきゃ、早く、って焦ってますから。



こう書いてみると、全然違うよね。


最近、初めて(かも)それを意識して踏みとどまったと思えた出来事があった。


なんとなくのひらめきに従って、
ちょっとザワザワする行動をとった後って、
必ずエゴがなんか言ってくる。


で、それにのっかりそうになって、
「あれ?今、わたし焦ってない?早く~しなきゃまずいって思ってない?
でもそれって、エゴの声の特徴って前読んだよね?」
って。

でもザワザワするから、感覚は味わって。

「よし、これがエゴの声なら従うわけにはいかない。まずいことが起こると言ってもそこまで大したことにはならない。放っておこう」

踏みとどまることに成功しました。



このプロセスは、日常のあらゆるところで皆さん経験されていると思うのですが、

その母数の割に、気づくことはとっても難しかった。(わたしは)



でも、上のように書いて比べてみると、
フィーリング全然違うし!!!

落ち着いてひと呼吸置くことができるくらいの余裕があれば、
その判断はきっと難しくない。


根拠がないけどなんとなくやってみたい、いい感じのフィーリングは魂。

さも確実な根拠があるかのように脅して焦らせて不安にさせる声は、エゴ。



怖れのフィーリングに巻き込まれず、
ただ見ることができますように。



















2016年4月13日水曜日

【お金】自由と幸せを感じるためにすべてを使えばいい

by BobvdK
こんな使い方もあるんですね。


お金について、
気づいてすごく楽になったことがあります。


好きなものがあって、今買えるなら、買っちゃえばいいじゃん。


と、ゆー。笑



スーパーで、好きなもの買ってもいいんだ。


と、ゆー。笑



いや、当たり前のこと言ってるみたいでしょ?


心底当たり前のことなんだけど、わたしこれに気づいたとき、
かなりパッカーンだったし、

解放感MAX!!!でした笑



んー、なんか共感者少ないような気がする??

のでさらに説明しよう。



ex)

りんごがね、

いっこ198円で売ってたとする。

隣には別の種類が178円で売ってる。

そしてその隣には3個入りが550円で売ってる。


さあどれ買いますか?って話。


どれ買ってもいいのよ。

美味しそうなやつ、
食べてみたいやつ、
1人暮らしか家族もいるのかにもよるだろうし、
りんご好きか珍しくりんごを食べたい気分になったにもよるでしょうが、

買えるなら、何も考えず、好きなやつ買えばいいじゃない?





でも、前のわたしなら、
ほしいりんごより20円安いりんごを選んだり、

3個も要らないのに多少のお得感を選んで、550円払ってた。


なんで??だよね。


わたしは、自分がほしいものを20円とか50円の偽お得感のために諦めていた。



得したかったのか、
損したくなかったのか、

それとも、欲しいものを得ることに罪悪感があったのか。


理由はケースバイケースと言ってもいいし、毎回同じだったのかもしれない。


何にしろ、
そんなわたしが、「ほしいりんごを買ってもいいんだ」って思えた瞬間は、
世界が変わった瞬間だったのですよ。


買えるじゃん!!!!!てね。



同じく、お金以外でも。


健康に悪いと言われてても食べていい。

逆切れしていい。

悪口言っていい。

さぼっていい。

モテたいって思っていい。

ちょーだっさい服わざわざ着てやってもいい。

etcetcetc....



つまりは、

自分で選んでいい。

わたしは、自由。


ってことだったと思う。



それで、前なら、
「これに使うと、あれが買えなくなる」とか思ってた。
だから「もっと賢く計算して使って、損しないように」って。


でも今は、一番優先事項が高いものに使って、
無くなったら、無いってだけ。

とりあえず優先事項一位は満たされている。

そして、他に欲しいものがあるなら、
「また次入ってきたらあれ買お」って思ってればいい。



…結局、何が言いたかったかというと。(混乱してきた)




わたしたちはただ、
自由になりたくて、幸せになりたい。


そのために、あるお金は使えばいいし、
なければないで自由と幸せを感じられるようにすればいい。

アイディアはいろいろある。


昨日書いた記事じゃないけど、
ココシャネルならお金がなくてもシックに美しく装うと思う


あんまそこにお金関係ないんじゃないか?ってこと。

ていうかお金はお金、ってことかな。

超便利な道具だからあるとうれしいけど、
=幸せ・自由、ではない。

使い方がだいじ。

お金以外のすべても、使い方がだいじ。

使い方分からない人は使いこなせないから、「ない、ない」って言ってるだけになる。



ないないない、って、嘘つけ。です。

誰かがあなたの環境から別の展開を創り出したら、
きっと恥ずかしくてたまらなくなる。

言い訳が必要になる。



そんなの嫌だよね。



そしたらやっぱり、

まず今明らかにあるものを、
自分が自由と幸せを感じるために使っていくしかない。


できることは小さい、って思いがちだけど、
198円のりんごが食べたいときにそれを選ぶだけでも、
意外に幸せになれるんだって。


やってみ?です。







…というようなことに気づくことができたのも、


すべて、

「子宮委員長はるちゃん」→ 

と、その旦那様の「岡田」さま→ 

と、敬愛する「藤本さきこ」さま→ 


という先達がいてくださったからだと思ってます(*‘ω‘ *)

加速が増し、時間短縮できてます。


ありがたやありがたや。


はるちゃんの新刊、
「願いはすべて、子宮が叶える」も買ったし(^^♪
(わたしはblogの文章のほうが入りやすいですが、女性にはおすすめです)


読んでみてね♥












2016年4月12日火曜日

【お金】最近コスパの意味がわからない。「高い」ものなんかある?

by Jonsac
いつだってきらきらしてたい。
わたしはかなり怠け者で、
しかも合理主義者だと思う。

それでいて、
美しいもの、気持ちいことが好きな快楽主義者。


だからてこの原理が好き。


最小の力で、最大の効果を。
(もちろん最小の力自体が大きければ、効果も大きくなるのはわかってる♥)


具体的に行動もするけど、
方向性が間違った努力で消耗したくない。

だから勘を磨く。



過去、怠け者で快楽主義者で合理主義な自分を明らめられなかったわたしは、

たくさんのエネルギーを間違った方向に使い、
いろんなシチュエーションでから回っては人に無駄な迷惑をかけ、
そして世界に文句たらたらだった。


出口が分からなくて苦しかった。



でも、怠け者で快楽主義者で合理主義者な自分を一度明らめてしまえば、
なんてことはない。方向性が定まる。

楽していいとこどりで気持ちよくなりたい、ってことじゃん。




そのひとつが、PD・PC・骨格なんかの理論。

大事なお金を出して無駄な買い物をしたくなかったし、
理由がわかれば気持ちがすっきりするし、
不得意を力技で寄せることができる。

わかってれば、お得。

やだ、あたし頭イイ。




そのひとつが、脱毛。

わたしが常に持ち運ばなくてはいけないのは、この身体。
好きな手入れなら毎日してもいいけど、
シェービングは人生のなるべく早い段階でさようならしたい作業。

お金を払って、いっとき痛みに耐えて、
今までそこにかけていた時間とわずかなお金と「気」を不要な物にする。

美容から身軽になれる。

やだ、あたし頭イイ。




そのひとつが、自分を知ること。

断捨離もそう。
瞑想もそう。
とにかく自分の中の滞りを知り、エネルギーの流れをよくすることで、
お金も人間関係も健康(美容)も、すべての循環をよくしたい。

すべてがつながっているのなら。

そのプロセスが過酷であっても、
得るものはそれと比較にならないほど豊かであると、直感が言うから。

多少の痛みは受け入れる所存。





「今」が大事、とはよく言うこと。

でも、「目の前」「一時の感情」にとらわれるのは馬鹿。


何かを支払うってことは、絶対に何かを得ているんだよ。

何かを手放したなら、
それが大きなものであればあるほど、得ているんだよ。


前はそれが全然わからなかった。

今は、日常から、ああこういうことかって少しずつ理解している段階。
お金に関しても。




今は、それ自体で「高い」ものなんてないって思う。


例えば身近な例で言えば、

「セブ留学ひと月で、航空券代もろもろあわせて40万くらい」って言ったら、
「高い」
って言われた。

「そんな出せない」って。

わたしは、それ聞いてピンとこなかった。


「高い」? 

でもそのときのわたしには出せたし、
出した金額より大きな価値を手に入れられたって思ってるんだよね。

「ほかの学校だったら」とか、
「代理店使わずに現地で探して、寮に入らなければ」とか、
「ワーホリのほうが」とか、
「フィリピンでしょ」とか、
「基地内の大学行ったほうが安上り」とか、

はあ?って感じなんだよね。

的外れ感が半端ない。



ちがうって。


わたしがそのときそこに行きたいって思って決断して、
行ってそこで経験をして、
得るものが十分あった、って思えることだけが重要なの。


それにかかった費用が十万だろうが百万だろうが、
わたしが「それ以上に得た」って思ったなら、安かったんだよ。


それにね、

「英語を学ぶためにセブ留学」というのは公的なお題目であって、
それをどう使うかは個人の勝手じゃん。

一カ月という期間は、英語を上達させるには短いけど、
それ以外にわかったことや、自分の中の変化が感じられたなら、
わたしにとってはすごく意味があるの。


だから、

「一カ月」×「フィリピンセブ留学」×「英語の勉強」×「費用40万」 = 「高い」

って、やっぱりピンとこないんだよね。


言ってる意味はわかるんだけど、
ちがうよな~って思う。


だって、得るもんもあるんだよ?

払ったからこそ得るものもあるんだよ?

欲しい経験を手に入れるために払うんだよ?



2000円のスタバのマグカップ。

15万のフレンチフルコース。

2億のダイヤのネックレス。

398円の苺。



それ単品で、数字だけ見て「高い安い」は言えなくない?
自分が「欲しいかどうか」だけじゃない?

そっから得られるものは人それぞれだって、
タイミングによっても違うって分かってる?



数字の大きさだけで「高い」「安い」って言っちゃう感覚は、
わたしは早く捨ててしまいたい。
(まだ全然わかるから)

てこの原理使うには、それが超重要なの。



貧乏設定、さようなら~

わたしは楽して幸せに豊かになります♥





2016年4月11日月曜日

ココシャネルならお金がなくてもシックに美しく装うと思う

by Evgeniy Vetoshkin
美しい人は美しい、言い訳はいらない。


お金がないからおしゃれになれない、は嘘だと思う。


シャネルがもし現代を生きてる若い女性で、
まだまだ地位も名誉も経済力もなくても、
あるものを使って、シックで魅力的な装いをすると思う。

それで、魅力的なムーブメントを創り出していくんだと思う。



お金がある人がみんなおしゃれで洗練されていて美しいか、
というとそりゃあ違うだろってみんな思うだろうし、

もちろん貧乏な人が頭使ってておしゃれかって言うと、それも全く的外れ。


たぶん○○だから▽▽という仮説のほとんどは、
的外れなんじゃないかと思う。


言い訳として、
お金がないから~
時間がないから~
って簡単に言ってしまうけど、

お金がなくても、時間がなくても、
それをやってのけてしまう人はいるわけで。

それなら、やる気がないって言ってしまうほうがいっそ清々しい。
もしくは実力が足りない、か。



言い訳ができないのは厳しいけど、
今までくっつけてきた○○と▽▽を切り離してみて、

因果関係のない二つを今までくっつけてきたのは自分だった、
って心底明らめることができたら、
新しい展開を自分で作り出せる気がする。



こういう風に統計が出てます、ってくらい、
明らかに因果関係がありそうなことであっても、

自分に力を取り戻すためには「ほんとか?」って一回疑うことが必要。




今の環境の中で、あなたにできることは本当にもうひとつもないの?

本当に?

って聞かれたらちょっと焦りませんか?笑




「わたしは今何を持っているんだろう?」と問い直したい。


何を持っていないかは、この際どうでもいい。

わたしは何を持っている?
それをどう組み合わせて、どう使えば面白くなる?


真正面からそのままを見ることができれば、

そして頭を柔らかくして、肩の力を抜ければ、使えるものはたくさんある。


シャネルだったらどうする?だ笑
(服に限った話じゃないですけど。)





わたしは、貧乏臭いのが嫌だ。
貧乏くさい雰囲気が嫌。

お金がないのはただの状況だから許せるけど、貧乏くさいのは嫌だね。


親戚んちとか行って、
二人暮らしなのにタオルが1000枚くらい(しかも贈答品とかで(株)○◇とか書いてあるやつ)あって、心なしか湿っぽかったりすると、いけないものを見たような気になる。



モノがいっぱいある状況、
っていうのは、たいていの家では執着と不安の現れ。

とっておこう、とっておこうとしてしまう。


ああ、私の中で、貧乏くささっていうのは潔さの反対にあるものなんだ。

執着は、自由の反対。

不安は、豊かさの反対。



日本昔ばなしの優しい老夫婦の家のように、
貧しくても家の中が掃き清められていて、必要なものがあり、不要なものがない空間なら、
それはそれで簡素な美がありそうなもの。


わたしは簡素な美も好きなので、
それを構成している要素にとても興味がある。

素朴で、満たされている感じがするから。

エネルギーに厳しいトゲトゲした感じもないし、いい塩梅。



本当に心惹かれる「モノ」を手に入れようとすると、
金額もそこそこすることは実際多いけど、
すべてが必ずしも高価ではない、ってわかっておくことは大事。

今すぐ手に入らないものもあるけど、今すぐ手に入るものもある。

ここが案外トリックなのかもしれない。


これを言っちゃうと身も蓋もないかもしれないけど、大事なのは目。

目利きであること。


そのためには、自分が何を好み何を必要としていて何を持っているのか知ること。
クリアであること。



それが洗練、
それが自由、
それがシック、
それが簡素な美、
それが豊かさ、
それが粋、
それが魅力的であること。


クリアであれば、それらが全部手に入る。

「○○があれば」の条件は必要ない。



もしかすると、○○が後付けで手に入るかもしれない。






味わい尽くせばそこから自由になれる。感じることのススメ。

by Steven Santiago Photography
委ねる。感じる。信じる。

ブルーな落ち込んだ状態のときは、
無理にそこから抜け出そうとしてもその場であがいてるだけ。

だから、
せっかくなのでそれに集中して感じることにした。


感覚って、感じようとすると体内を移動する。

お腹から胸へ、胸から喉へ、みたいに。


でもその気持ち悪さも、
「気持ち悪いけどそれも味合わせてもらうぜ」くらいの感じで、
ガッツリついていくと、

どっかの瞬間で解放される。

わたしの場合は、あくびとして。


ずーっと逃げ回るような感じのフィーリングは、
それがぬけていくときのあくびも長かったりする。


ふしぎね。



それでね、
今もそういうことをすこしやってたら、
ある人の一言が脳裏にパッと浮かんできた。

その瞬間、感情が動いて、涙と嗚咽。


え、この一言で??
なんで?
どういうところが引っかかったわけ??って、
嗚咽しながら分析しようと試みましたが、

わからなかったので感覚に集中していたら、勝手にぬけました。



ぬけた後でちょっと考えてみたら、

その言葉で「わかってもらえない」
という自分の過去の痛みを思い出したのかもな、と感じました。


「わかってもらいたい」に蓋をして、ひとりでも平気な顔をしていたけれど、
それは今もずーっとうずいてるんだ。


人に共感してもらいたい、
わかりあえる仲間がほしい。

その矛先がまずは自分、というのを分かった上で、
外側に投影される望みもちゃんと認めてあげよう。




あと、今朝、目覚めたてのとき、
なんか内容は忘れましたが、
ちょっといい感じの未来の妄想をしていたんですが、

ある瞬間一気に気分が落ち込んだんです。


その瞬間ね、
「おまえには無理だよ」って聞こえたの。自分の中から。




…ちょーーーーー怖くね?


普段だったら、あれ?なんか一瞬にして不安になったな、どうして?
ってただただブルーになってたと思うんだけど、
今日初めて知った。意識化した。


楽しそうなこと、やりたいことがあっても、気持ちがシュルシュルーっと萎えるときって、



犯人はおまえ(わたし)だったのかーーーー!!!!!!!



ネガティブセルフトーク効果抜群。


その声って、温度が違うの。

冷たくてニュルっと湿ってて。
サイコーに寒気がする嫌な感じなの。

思考の声、エゴの声、なんでもいいけどもう勘弁して。


わたしがノってくると、
気持ちの悪い水を差すのは、わたし自身だったのでした。



それ気づいて、めっちゃ怖いなって思ったよ。


内側の声、気づかないと対処できないもん。
敵のやり方、あっぱれ。



でも気づけたら、
「なんでそんなこと言えるのさ?」って言い返せる、冷静に。
それか、「そんなこと言って、不安なのね♥そんなあなたも味あわせて」って、
貪欲に感じることを追求してもよい。笑



まあそんな感じで、
感覚に集中する時間を少しでもとると、

その後の気分と効率がいいのですごくおススメです(^_-)-☆










【私的大ニュース】父が服を断捨離!それを手伝う母にももっと自由に生きてほしい。

by djandyw.com
変化は遅れて外側に投影される。


テンションが低く、
基本かったるーい体を持て余し気味だった週末。

うれしいこともありました。



土曜日の朝(というか昼前)、母が部屋にやってきて
「ru、お父さんの服整理するから手伝って。似合うか見て」って言ってきたんです。

ベッドの中でうだうだしてたru、


えー、とか言いながら、ちょっとテンション上がりました。


前々から、
要らないもの処分すればいいのに~って両親に対して思ってたんです。

(ほんとたまーに言ったりしてましたけど、そういうときはとりあえず自分のものを片付けるタイミングだと割り切って、自分の部屋に集中して【不要】を捨ててました。)


でも、「そのうちやるから」って言われてて、


それが今日か。ムフフ笑



「えー何ー、めんどくさーい」と言いながら両親の寝室に行くと、
既に服がベッドを中心にばらまかれている笑

こんまり先生方式ですね?ムフフ。



母に、
「似合うかどうか見てあげて」と言われたんですが、


あれ?これをわたしが似合う似合わないで仕分けるのって違うな、
と思いまして、
「まずお父さんが好きなもの、嫌いなもの、着たいもの、着たくないものに分けて!」
「似合わなくても着たいなら着ればいいというのがわたしのスタンスです」
と伝えました。



これは、ときめき感度があるのかないのか分からない父に、
自分の”快””不快”の感覚に集中してほしかったからです。



すると、おずおずと、
「これ…いらないかな?丈がなんか短いし」
とか言い訳ちっくに仕分け始める父。

すると母が「え、でもそれ似合ってたよ。おいておけば?」とか言い出す。



母よ、ちょっと待て。あなたは黙っていなさい。

今は父の番だ。


ココロの声をそのまま口に出し、わたしは朝ごはんのシリアルを用意しにその場を立ち去る。



15分後現場に戻ると、

仕分け進んでる!!!!すごい!!!


母は頑張って口を閉じてるし、笑
父は母の顔色を伺いながら、「だってこれは○○だし」とか相変わらず言い訳くさく言いながら、
それでも仕訳を断行している!


素晴らしい光景でした……笑

お父さん、ちゃんと”快・不快””好き・嫌い”ってあったんだね…(そりゃあるわ。)
って感動しましたよ。




お昼ご飯をはさんで、
わたしが自室に戻った後も、夫婦で午後の部を開催し、
夕方にはすべてがウォークインクローゼットの中に!


部屋の空気が変わってました。

服と服のスキマから、いい匂いすらしそうでした。(幻)





断捨離それ自体ではないんですが、

あえてその作業について残念な点を言うなら、
母が服を全部畳んだり、引き出しの中を掃除機かけたり、
いろんな面倒くさいことを全部やってたことですかね。


父はパーキンソンのような症状が出ていて、
身体を動かすのが億劫なので、
その日に限らず最近は母が父をしっかりケアするようになっているのですが、
わたしはそれがちょっと引っかかっています。

(だからこそ、着やすい服を残し脱ぎ着に面倒くさい服を捨てる、という決断に至ったのだと思いますが)

それにしても、母自身のケアがおろそかにされている気がして。
(そう言うわたしは最近家事へのコミットを減らしてます。罪悪感あるけど、実験中なんで。)



母は服をたっくさん持っていますが、
既にサイズアウトしていたり、着にくかったり、好きじゃなかったり…
で、普段着る服はとーーーっても少ないです。

きっと父よりずっと少ない。


だから母には、
自分の好きなものを身に着けるためにお金をかけてほしい、
というのがわたしの気持ちなのですが、
まずその前に母自身が、自分の望むものを明確にするプロセスを経る必要がありますね。


前から母に断捨離いいよ!と勧めていたのですが、
父の衣類の整理を行い、その後の部屋の雰囲気の違いを感じたことで、
母の断捨離の機会も近づいたように思います。


娘としてはうれしいです。


モノを減らす、捨てる、ということはある意味苦行です。
過去や未来への執着を切る必要があるからです。痛いです。
一番は、罪悪感を切り離すのが辛いです。


でも、「自分のために生きる」「自分の好きを大事にする」を、両親にしてほしい。

だから、まずは形として見えて分かりやすい、モノの断捨離をしてほしい。


まあ親も他人なんで、その人が何を選ぶのかは自由なんですけど、
わたしも弟もそれを一番に願っています。

きっと子供はみんなそうだと思うけど。




突然話変わりますが、
最近母が「眠い」と言って、その辺で昼寝してるとうれしいです。


母は「べき子」の代表みたいな人で、笑

前は、「眠い眠い」と言いながら、
テレビをつけてテーブルに肘ついて居眠りしてることが多かったんですが、
今は「じゃあ寝ればいいじゃん」と言うと、
すぐ横になるようになったので、進歩だわ~と娘は思っています。


手抜きできる母は、家族を楽にします。


これ読んでる頑張り屋のお母さんや奥さんは、
ぜひとも手を抜いてさぼって楽してくださいね。
そうしてくれると、家族はとってもココロが楽になりますから。笑


あ、これも、罪悪感の断捨離ですね。
一応つながってた。




以上。

おやすみなさい。




















「自分に集中」の成長痛。ひとりぼっち感は幻と知っていても。

by 201408232200
もうすこしで掴めるはずなのに



最近落ちてます。


新月、前回の記事書く前くらいから、
なんかからだが重いな~変だな~って感じていて、いまだ抜けきってません。



体調悪いってわけじゃないんですけど、気分のキレが悪いです。


この土日は、基本家でだらーっとしてました。

寝たり、部屋掃除したり、食べたり。



理由はなんとなくわかります。


今は孤独感が強くて、
人に「わかってほしい」「わたしをジャッジしないでほしい」って思ってるんです。


今自分の中でエネルギーがぐるぐる変わってて、
それに対応しきれてなくて、
何よりそれにまだ慣れてないから不安。


だから、誰かわかってほしい。

同じような状況の人と「わかるわかる」「だよね」って言ってほしい。



でも、そういう風に思って、
誰かに期待しても基本は裏切られるってことを経験しました。


「内側にフォーカス」の意味、

こんなにきついんだなーって思ってます。



自分が、自分の変化のあれこれを受け入れられてないときは、
外側にそれを期待しても無理。

何を言われても、
「わかってもらえない」「ジャッジされてる」って感じてしまう。

それは自分の中身のもんだいだ。


誰か「それでいいんだよ」「OKだよ」って言ってほしいときは、
まず自分で自分にOKださないと。



特にたぶん大きな変化が起きてるときはそうなのかもしれないと思う。

いや、勘違いかもって思う自分はいますよ。



だけどそうかも。



自分がそれでいいのか不安で、
今までにはなかったような体験の渦中にあって、

だからこそ外側にOKを出してほしいと思うんだけど、

そんなときこそ「自分に集中」。



いやあ、めっちゃしんどい。



そういう風に、ひそかに戦ってる(自分だけに集中しようとしてる)人が、
日本中に実はたくさんいるんだ、

って思うことだけが救いになってる。



この種類の孤独は、いったいなんと呼べばいいんだろうね。



成長痛?笑










2016年4月8日金曜日

メモリーオイル買えずに号泣。「あんたっていつもそうだね。わたしの欲しいもの何もくれない」


藤本さきこさんのメモリーオイルがほしかった。


10時からカートがopenして、
わたしは10時10分くらいからオイルを選んで、
住所とか打ち込んで、
配送や支払いのもろもろを選んでた。

で、10時25分くらいに、最後の確認ボタンを押したら、


「sold out」




え?と思って、

しばらくして号泣。




また逃した。

また手に入れられなかった。

最後の最後で迷いが出て、迷った挙句必ず失う。


わかってるのに。


あんたっていつもそうだね、

って自分に思った。





欲しいってわかってても、
ほんとにほしいのかな、要るかな、後悔しないかな、
いっこでいいんじゃないの(2個買おうとしてた)


…って、分かってるのに確認のための時間をとろうとしたり。




馬鹿なの?




ほんとに嫌だ。

もういい加減にしてくれる?

あんたって何もしてくれないね。

いつも最後の最後でぐちゃぐちゃ言って、
わたしの欲しいもの何もくれないじゃん。


あんた、

本当に本当に役立たずだよ。


大っ嫌い。



迷うなよ、疑うなよ。


あんたわたしのために何もしてくれないね。


ひどい。


すごく悲しい。


いつもいつもほしいものをくれない。


どうして?


一瞬迷ったら終わり。
もう何も手に入れられないよ。






メモリーオイル手に入らなかったけど、
号泣して、痛い目見れました。


迷うのは普通じゃん、と思っていたけど、そうじゃないみたい。


体感で分かっているのに頭で考えることを挟もうとすると、
それが1分でもゆるされないような気がする。

タイミングを逃す。


ほしいものが手に入らない。



それは、自分を疑った瞬間に負けってことだと解釈。


だんだんと、
甘えが許されなくなっていく。




2016年4月7日木曜日

もっともっともっと私らしいクローゼットにしたい【写真あり】

by Евгений Кириленко
じぶんに集中。


クローゼット、断捨離したはずなのに、

まだまだ出来る気がしてならないのはなぜ。



本棚も、好きな本しかないはずなのに、

また違和感を感じ始めている…


使いかけのノートや、
スクラップブック、
英語の勉強用の最後に残ったドリルやら、
PD別のスクラップブックを作ろうと買ってきた雑誌やノート。
アルバム類…

(ちなみに卒アルはもう手放しました。が、母がキープしてます…)

残ってるのは、
好きなもの、見ててうれしいもの、必要で使えるもの…と思ってるんですが、
きっともっと潔くなれる、ってことかもしれません。この違和感は。


今はまだ手をつけられていないです。
タイミングを待っています。

しかしそのときになったらガンガン捨てていけそうな自分が怖い。
それでも苦しいんだけどね。



さて、

断捨離報告をしてから、またいろいろ買ってます。



最近で一番大きな買い物は無印のベッドで、
ベッドフレーム、ヘッド、マットレス、シーツもろもろで13万くらいでした。


それに次いで、中古のiphone5s。3万8千円くらい?
(6が出てるこのご時世ですが、なにか?)
でもこれは早まったかも、と思ってます。
見た目は綺麗でも、バッテリーの持ちはすごい悪いです。困ったもんだ。




服もね…

実は買ってるんだなあ。


最近は、買うたびにスマホで写真撮って保存してます。

今クローゼットはこんな感じ。

(入れ忘れたの結構あることに気づいた。でもまあだいたいで。)






写真にはそれぞれ別のフィルターかかってるんで、
色みはそのままではないですが、
だいたい傾向は分かるかなと思います。



【気づいたこと】

・寒色多い。友達に「水色多いね!!」って言われました。水色、青、紺…

・白多い。柔らかいアイボリーやピンクベージュ含め。好きみたいですね。
 最近買ってるのも白が多いな…

・化繊率増えてきた。これは妥協ですが、まあ今んとこ仕方ないかって思ってます。
 でもほんとは天然素材がいいし、見た目も着心地もいいものがあったらそれを買います。

・シャツ増えた。前手放したものにブラウスが多かったのは記憶に新しいですが、今は甘すぎなくてカジュアルでちょっと女っぽい感じのものが好み。

・「ときめく服」以外もまだいる。特に冬用。夏はいいけど冬は何着るの?って感じ。コート類皆無。
今年は秋口には手に入れたい。そしてユニクロの厚手パーカーを手放したい。

・パンツ2本、色も形も雰囲気も(正確には違うんだけど)かぶってる…反省。





このブログ、
PDやPC,骨格診断のことをググってきてくださる方多いんですけど、
(最近触れてないけど)

今のruはあんまりそのことにとらわれたくないなって思ってます。
【自己診断:ロマンス(サブナチュラル)・夏・】


それは基本として知って、腑に落としとくとすごい便利な知識なんだけど、
そのときの自分が好きなもん着るのが、
きっと一番幸せ感じられる気がして。



今のわたしは、

ゆるくてヌケがあって女っぽい恰好が好みで、
そういうイメージのクローゼットだったら毎日幸せだろうなって思います。

イメージ的には、井川遥さんみたいな?

でも井川さんの洗練とか都市生活者っぽさをすごく薄めて、
バックパッカー風味を足した感じ?笑

ホテルとか図書館とか美術館の雰囲気を壊さないくらいの綺麗さと、
東南アジアで道歩いててもものすごく浮くわけでも、スリに一瞬で狙われるでもない
ぐらいのカジュアル感を求めてます。

色もあったほうがいい。
背景は沖縄だし、海や草花になじむ色あいを纏いたい。


これはわたしのパーソナリティーとライフスタイルと外見の要素、
バランスをとってミックスした上で出てきたイメージなんですけどね。


できる限りで、そっち側に向かっていきましょう。





【今ほしいものリスト】

・ボーイフレンドデニム。USEDで穴とか開いてるやつ。色は薄めのブルー。

・バレエシューズ。綺麗目な色。

・ワンピース。ゆるくて女っぽいやつ。旅行とかにも持っていけるしわを気にしなくていい。

・バッグ。今使っているロンシャンのショルダーに替わる、そこそこ容量があるもの。

・キャミソール。シルク素材で見えても綺麗な大人っぽいデザイン。

・丸縁メガネ。

・サングラス。

・ヨガウェア。わたしに似合うデザインで肌の露出が気にならないもの。

・ダウン。冬用。ショート丈で、色は白。小さくたためるもの。(ユニクロ以外…)




考えたらもっともっと出てきそうだけど、
この辺にしときます。

もう寝ます。


おやすみなさい(^_-)-☆



2016年4月6日水曜日

【美とモテ】女に嫌われたくなかったから自分を殺した

by vïkïng
わたしが正しい

【美とモテ】のブロックはどっから来たか、
って話を書きたいと思います。




自分で言いますが、わたしは結構モテる子どもでした。


また、男の子たちに囲まれて、優しくされる状況にありました。


小さい頃って、家近い子たちと遊びますよね?


わたしの場合、
近所の同い年の子供は、みーんな男の子だったんです。

男の子はいっぱいいましたが、女の子は一人もいなかった。

なので登下校は花一輪状態になりますよね。


そんで、

一緒に帰ったり遊んだりする男の子っていうのが、
みんな運動できて顔もかっこいい面白い男の子ばっかだったんです。

クラスで一番モテる子ね。

そろいもそろってみんなさっさと転校していきましたが(そういうルールでもあるのかね)、
高校生になって女子で、
「幼稚園のときのあの子かっこよかったよね~」とか思い出されるレベルです。


だからその当時のわたしは、
●●もかっこいいし~、★○も優しいし~、選べないなッ♥( *´艸`)

って、今思い出して衝撃を受けたくらい姫気質だったのですね。

ちっとも男勝りとか勝気とかガサツではなかった。


内気でわがままで、
彼らの前で泣いてはよく慰められていました。
彼らは幼いながらいつでも優しかったです。



でも小学生になって、気づくわけです。


あれ?
みんな仲良しの女の子がいるのに、わたしいない…?
どうしよう…

って。


これくらいから、だんだんと女の子の目(というか他人の目)を気にしだします。

かっこいい男の子に優しくされていると、
女の子に嫌われる!と思い始めます。


今まで仲良かった男の子が、
ふつうに「一緒に帰ろう」って言ってくれても、
「(そんなに仲良くも好きでもない)○○ちゃんと帰るから!」とか言うようになります。


小2でようやく仲のいい女友達2人ができて3人グループになりました。
そのときは純粋にすごく楽しかったのですが、
でも1対2になりたくないという怖れも心のどこかにずっとあって。

小5で、最高のクラスになってそれを満喫していたら、
小2のときから親友だった2人のうち1人が、ほかの友人たちと一緒にすごい悪口を言ってくるようになり、一時人間不信になったり。



もうそこらへんの時期になると、
「1人でもダイジョーブ!!!!」の鎧を着こむようになってますし、

女の子に嫌われるとめっちゃ面倒くさい、という学びから、
「そもそもあなたの敵にはなりえないよ、わたし変な人だよ~」キャラを作り上げていきます。


女の子たちに嫌われたくないので、
とにかくサバサバ、さっぱりした人間性でありたい!!!と自分の弱いところは出せません。

ドライで飄々としている、
というのがたぶんわたしのイメージだったでしょう。





さて一方で、別の女目線もわたしに強い影響を与えます。


最大の影響力を持っていた人物といえば、



そう、母親。



うちの母上は、

お化粧はほとんどしません。
ヒールのある靴も、必要なときしか履きません。
スカートも、行事のときくらいしかはきません。

肌の露出も、
ピンク色も、
レースも、
リボンも、
アクセサリーも!!!!

女性ならではのアイテムや手法をとりません。見たことないです。


骨格ストレート、PDグレース、PC冬で、オーソドックスなものが似合うっていうのもあるけど、
絶対それだけじゃないんです。



母もかなり【美とモテ】コンプレックスがある人なんですね。


というか、
【性】を嫌悪しているって感じでしょうか。

テレビでぶりっこ(田中みな実さんや小林麻耶さん)を見ると、
かなりの勢いで彼女たちを否定します。


そんな母上に育てられた娘、どうなると思います??



まあ、自分が女性であることを否定するようになりますよね。

おしゃれも、
綺麗になりたいと望むことも、
男の人にちやほやされて愛されたいと望むことも、
恋愛をすることも、


ぜーーーーんぶ【悪】と思うようになります。


母親が嫌がることだから、
それをわたしが望むことは母を否定しているように感じられる。

「お母さんが可哀想」
というアホな健気な同情心から、
それを望むことすら、自分に許せなくなります。



前にもちらっと書きましたが、
似合うものが分からない理由は好きなものが分からない理由とたぶんおんなじ


わたしが(たぶん)小5のとき、
水色のデコルテ部分が広く開いていてるピタTを着ていたら、
母に「あんた露出狂みたい、人が見て困るよ。見せたいの?」
って嫌悪感丸出しで言われました。

そのとき、すごくショックでしたし、自分が汚いもののように思えました。


たぶん、【性】に強いタブーを持つ母にしたら、

人よりも生まれつきフェロモンが多めの娘が、
しかも同年代の子と比較しても発育よく育っていく様子を見るのは、
あまり気分がいいものではなかったと思います。

だからってあの言い方はあんまりだし、投影すんなや!って思いますけどね。



だからね、

小6で天才てれびくんを見ている途中にトイレに行って、
初潮がきたことを知ったわたしの絶望はいかばかりだったか…(゜.゜)


もうね、

人生終わった!!!!!と思いました。


これから女として生きていかなくてはいけない、
男から見られる立場、弱い立場として生きていかなくてはいけない。

死んだほうがマシ、

早く死んでしまいたい、気持ち悪い、死にたい…


と思って泣きましたよ。笑



荒れ狂う心情を押し隠し母に伝えると、
戸惑った様子を一瞬見せた後、赤飯炊いてくれましたけどね。

そんな表面的な行動で、いつものエネルギー相殺したりはできないですからね。





だいたいこの辺、
ティーンエイジャーになったくらいからがわたしの暗黒期です。


異性に興味を持つこともおしゃれに興味を持つことも自分に禁じているわけです。

でも、もちろん興味が出てくるわけです。

でも誰にも嫌われたくないので、
自分の【オンナ】は極力出さないようにします。
でもフェロモン人並み以上にあるし、気持ち悪い感じでたぶんにじみ出ます。


男子とはただの友達でいたいのに、
仲良くなると周囲の女子に悪口言われます。
そんなんじゃないから、と他人の目を気にして仲のいい友人とも距離をとります。


綺麗になりたいけど、それもストレートに言えません。
やり方分からないのに、周囲に素直に助け求められません。

恋愛に興味を持つことは、両親への裏切りだとココロの奥深くで自分を罰しています。

人の見た目についてとやかく言うことを自分に許してないので、
男性の外見的な希望もほとんどないことにしました。
むしろかっこ悪い方がいい!くらいの感じですからもうわけがわかりませんね。




もうねー、

めんどくさい!!!!!!!!




そして挙句、レイ プに遭いました。




更なる暗黒期。闇度120パーセント増。

うんこです。


そうすると、ますます見た目もボロボロに、太るわ暗くなるわダサくなるわ。


もう同性に嫉妬はされませんが、
鏡を見て、本当に大嫌いだと思うことが増えます。

悲しいですね。

哀れ極まりない。



ぜんぶぜんぶぜんぶ、

根っこは、


女に嫌われたくない!!!!!!!!!!


って感情でした。


嫉妬されることへの怖れ、
仲間はずれにされることへの怖れ…

(+男を憎みつつ愛を乞うアンビバレントな感情)



でね、気づいたの。

わたし、女に嫌われるのが怖くて、女が好きだって言ってたのかも。


このブログでも女性に尽くしたいって言ったよね、
あれ本気だったけど、
でも根底には怖れがあったのかもしれないと今思います。



ごめんなさい。

嘘ついてた、自分に。



わたしは、馬鹿な女は嫌いです。


そんな奴らの目を気にして、
十何年も自分の時間を使ってきた自分、ほんとに馬鹿だと思います。


しょぼすぎます。

おまえが死ねって感じです。




なんで?

最初から手に入ってたじゃん。


なんで人の目を気にして、ほしいものを捨てたの?




勇気と覚悟がなかったから。


主役になる勇気と覚悟がなかったから。




だから、主役になる。




脇役でいたいやつはずっと脇役でいればいい。


わたしはもう脇役に嫌われてもいい。

誤解されてもいい。



自分が自分を愛せるように、自分の望むものを手にできるように生きる。


それ以外は要らない。







2016年4月2日土曜日

要らないものをそぎ落とせない人がデブになる。見た目がすべてなのかも。

by Kofi Nedjoh

輪郭がくっきり美しい人とぼやけた人、
違う人種なので比較にならない。


「美とモテ」のブロックの原因について書くって言いましたが、
ちょっととばします。




わたし最近、

なるべく「今どうしたい?何がしたい?何食べたい?どこ行きたい?」って、
瞬間ごとに意識して動くように心がけているんですけど、

そういうのがあんまり浮かんでこないな~ってときは、

それがせっかくのお天気のお休みの日とかでも、
帰って寝ちゃうことにしてます。

もったいないとか思わずに。


理由の分からないかったるさとかブルーな気持ちが身体の中にあるときには、
ベッドの上でちょっとだけ感覚に集中して、
できることなら一分くらいでも瞑想して、
それから寝ます。


寝て起きるまでの時間は毎回バラバラですが、
30分とかでもすっきりパチッと目覚めて元気になってることも多くて、
経験上頭がすっきりしていい感じで次の行動に移れます。

あと、起きる瞬間になんかアイディアとか考えてたことの答えとか、
勘違いかもしれないけど浮かぶんですよね。


だから積極的に寝ちゃえ~って思ってます。( *´艸`)寝るの好き。




今日も夕方から二時間ぐらい寝てたんですけど、

起きる瞬間、
「削ぎ落とせない人がデブになるんだ!!!」ってひらめきました。笑


例えばどんな人?と言うと、


「優しい」あまり、NOと言えないで嫌なことも全部受け入れて、本音を飲み込む人。
罪悪感たっぷりに生きている人。
(わたしはそういう人を本当に優しいと思わないので、「 」つけてます)

不安のあまり、手放せない人。
もったいないもったいないって、全部ため込もうとする人。

損したくない、得したい、あれもこれも全部ほしい…とがつがつしている人。
必要のないもの、多すぎる量を囲い込もうとする人。




自分自身の過去を考えても、周りの人を見ても、
このひらめきは正しいんじゃないかなと感じてます。




内面と見た目って直結していて、

内面がクリアじゃない人は、見た目的にも不要な物がくっついてる感じになる。


外との境界が曖昧になって、
輪郭がぼやーーーんとしている感じ。

色はくすむし、淀む。



エネルギーの状態がそのまま見た目に現れる。


見えてるものがすべてじゃないとも言えるし、
見えてるものがすべて、とも言えるな~と思いました。




わたし自身のことについて言うと、

最近鏡を見るたびに「わたしってこんな顔だったのか」と思います。

体重は減ってないし、
顔の造形は同じはずなのに、
輪郭がくっきりしてきた感じがするんです。

顔がシャープになったとかではなくて、
パーツとかも含めて全体的にくっきりして見えるというか。
まあ自分比なんですけど、ちょっと驚いてます。


だから、ああまだまだ綺麗になれるな♥と思っています。ほほほ。
じぶんの道を究めたい。



それでは(^_-)-☆