2017年4月20日木曜日

きたものは全部出す。現在脳の排水中。



最近怒涛の勢いでblogを更新しているのは、
とにかく自分の脳の排水をしたいからだ。


ぜんぶ出して出して出し尽くしたい。


それでも思考はいくらでも湧いてくるので、
それも全部出したい。

わたしにとってはもうゴミだ。



もったいぶらず(というかもったいぶってないけど。自信がなかっただけ)
わたしにやってきたものを片っ端からOUTPUTして、
どうにか肉体の滞りに反映しないか願っている 笑


そして空っぽになりたい。




もし、アイディアというのが、
自分の頭で考えるものじゃなくてどこかからやってくるものだったら、
自分の頭で検討したり練り上げたり、
そもそも早くこいと焦ったりすることにはあまり意味がない。


きたものは素直に出す。



くだらないとか意味がないとか、
突拍子もなくて人にどう思われるかわからなくて怖いとか、
そんなことを言ってると取り逃がす。

置いていかれちゃう。


で、誰かがそれを言ったりやったりするのを見たときに、
「あれ私だってわかってたのに」みたいな気分になっちゃう。



同じものがきた、

でもあなたは無視したんだよね?という話。




わたしも昔は、そういうことをよく知ってそうな人に、
「●●がやりたいんですけど怖いんです。どうしたら怖くなくなりますか」
と聞いたりしていた。


いやいやいや、だよね今考えたら。笑


怖いけどやるか、
怖いからやらないか、だけしかない。
(そして別にやらなくても本当にいい。選べばいい。)


もっといい答えがあったら是非知りたいけれど、
今んとこそんな都合のいい答えが見つかってない。



だから仕方ないよね。

諦めよう笑




きたアイディアは出す。
思ったことは言う。
言いたいけれど言えないと思ったら、「今は言えません。従えません」と自覚する。


できることからやっていくと、
高く見えていたハードルが案外低く感じられてきたりもする。


でもこれが、やってみないと分からないこと。



やってみないと怖さが減ることもない。


いっつも、
自分からすると一番高くて離れた場所にゴールを設定して、
「あんなところわたしには無理。行けるはずない」と、
誰かの同情と共感を誘ってるだけになる。

そしてどこにも進まない。


そんな人に積極的に関わるのを望むのは、
同じように何かが怖くてそれに向かい合うのを避けている人だけ。
依存しあえるから。
こうして仲間ができる。


まともな人(自分の人生に責任を持とうと思ってる人)は、
きっと何も言わない。
言ってくれるとしたら、それを生業にしているかすごく想ってくれているかだ。


結局自分で決めて、
自分一人でやるしかないことだから。





って、そもそもこの記事書き始めた段階では、
こんなこと書くつもりはなかったのだけれど…


〆方がわかんないゼ。



アデュー(*´▽`*)





※ヤバい。この便秘解消法効果超ある!!!!笑


0 件のコメント:

コメントを投稿