2017年5月8日月曜日

わたしはいつまで日記を書き続けるんだろうか


書けるうちに、書きたいうちに書いておきたい。全部。


今思うことは今しか書けない。
臨場感が消えてしまうだろうから。


苦しくて毎日泣いて泣きすぎてティッシュひと箱を一日で使い切り、
もう無駄使いだからとトイレットペーパーで代替し、
最終的にはバスタオルで涙と鼻水を拭いていたときの感情は、
今では思い出せないから。




わたしは、どんどん変わっていくだろう。

感じ方もものの見方も変わっていくだろう。



今とはまるっきり違う方向へと変わっていくだろう。
わたしはそれを望んでいる。



そのときにはもう書きたくないかもしれない。

書くのは無駄だと思うかもしれない。
わたしの言葉は多くの人にとって理解しにくいものになっているかもしれない。
もっとしたいこと、優先したいことができているかもしれない。


いやわたしにとって「書くこと」は、
人生の中でとても重要な行為であると思うので、
そのときもきっと言葉を紡ぎ続けるだろう。


が、今のかたちではないかもしれない。




いつまで今のかたちで毎日の心境を綴り続けるのだろうか。
よく飽きもせず。


あなたもいつまで読み続ける?笑






今はわからないことが、
そのときにはわかるようになっているだろう。

それが楽しみだ。



もっと静けさの中にいれるだろうか。


自分をもっと知ることができているだろうか。



自分を大切に、
一心に想うことができているだろうか。

今よりもずっと。




このblogは、

今の自分が自分をより知って自分を表現していくための手段だし、
これから先の自分がこれまでの自分のことを振り返るための手段だし、
知らない誰かが読んで何かを感じるためのきっかけになればいい。

ならなくてもいいけど。




きっと届く人には届くし、
永遠に触れ合わない人のほうが多いのだ。


一瞬だけでもかすることができたのなら、
それだけで奇跡と呼んでもいいかもしれないね。




でも

その奇跡に感謝しよう、なんて絶対言わんよわたしは笑


わたしは衝動に突き動かされるだけだし、
たまたまとたまたまが重なって、
ただの偶然を、人によっては気づきや行動のきっかけとすることもあるだろう。


うまいこと使われるだけ。
人生に。
流れに。


笑っちゃうね。






0 件のコメント:

コメントを投稿